「ご愁傷様です」の意味とは?言われた時の返事を解説

この記事では、ご愁傷様ですとお悔やみをいただいた時の返事についてわかりやすく解説します。

「ご愁傷様です」は、遺族に対するお悔やみの言葉として、よく使われています。
実際に「ご愁傷様です」とお悔やみをいただいたらどのように返事をすればよいのでしょうか。
せっかく気にかけていただいた方に対して失礼な返事になっていないのか気になりますよね。
今回は「ご愁傷様です」と言われた際の正しい返事についてご紹介します。

「ご愁傷様です」の意味とは

そもそも「ご愁傷様です」は、具体的にどのような意味があるのでしょうか。

「愁」は音読みで「シュウ」、訓読みでは「愁う(うれ-う)」と読み、主に「人を心配する」「嘆き悲しむ」という意味があります。
つまり「愁傷」とは「心の傷を愁える」ということになり、そこに丁寧語である「ご」と「様です」をつけることで、心遣いの言葉になります。

基本的には、相手を気の毒に思うお悔やみの言葉として使うことがほとんどです。
お通夜や告別式などで、ご遺族の方の気持ちを推し量って「この度は、ご愁傷様です」と伝えることが一般的です。

基本的には口頭で伝えるので、手紙や弔電など、文章として表すときには使われません。

「ご愁傷様です」と言われた時の返事の仕方は

では、「ご愁傷様です」と言われた場合の返事はどうするのがいいのでしょうか。
実は「ご愁傷様です」という言葉に対する、返事には明確な決まりはありません。
ただし、一般的に行われる返事のパターンは、ある程度決まっています。

「恐れ入ります」と「痛み入ります」

最も無難に広く使われる返事は「恐れ入ります」です。
似たような意味の言葉として「痛み入ります」という言葉もあります。

「恐れ入ります」

「恐れ入ります」には恐縮しているという意味を含むため、目上の方に対しても使用することができる返答になります。

<返答例>
「ご丁寧に恐れ入ります」
「本日は、お忙しいなかお越しいただきまして恐れ入ります」

「痛み入ります」

「恐れ入ります」よりもよりかしこまった印象の言葉となるため、
相手との関係が近い場合には「恐れ入ります」の方がふさわしいでしょう。

<返答例>
「ご丁寧に痛み入ります」
「〇〇様のお気持ち、誠に痛み入ります」

そのほかの返事

そのほかにも「ありがとうございます」や「生前はお世話になりました」などがあります。

「ありがとうございます」だけではなく、「ご丁寧に」「お心遣い」「お気遣い」をつけて
「お心遣いありがとうございます」にするとさらに相手に敬意を表す印象を与えます。

「生前はお世話になりました」は、故人と特に親しかった方に対して、遺族が故人に成り代わりお礼の気持ちを伝えます。

重ね言葉はNG

「重ね重ね」「くれぐれも」などの重ね言葉や、縁起の悪い言葉など忌み言葉は不幸が続くことを連想させるため、弔事の場での使用は避けるのがマナーです。
忌み言葉とは下記のような言葉です。

わざわざ、引き続き、次々、再び、たまたま、度々

まとめ

「ご愁傷様です」の言葉には、大切な方を亡くされた遺族への思いやる気持ちが込められています。葬儀などで「ご愁傷様です」と声をかけられた場合には、「恐れ入ります」と返事をするのが無難です。その場に適した正しい言葉を伝え、失礼がないように注意しましょう。

日本のマナー日本語の使い方

応援よろしくお願いします!励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ  にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

この記事を書いた人
Kaoru

京都在住。京都で生まれ、世界・日本を転々とした後5年前から京都に戻り住んでいます。京都が好きで週末はよく観光しています。数年前に京都検定3級を取得しました。京都観光や京都旅行の役立ちそうな情報を発信します。京都観光とは別にユーモラスな記事やジョークなども発信しています。

Kaoruをフォローする
京都観光のお役立ち情報【京都まめ手帖】