【京都カフェ】日日/冬夏」でお茶を楽しむ

京都グルメ

こんにちは。京都のホテルでフロントスタッフをしているまめたこ(Mametako)です。

京都御所付近にある隠れ家的カフェを今回はご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日日/冬夏

今回ご紹介させていただくのは日日/冬夏(とうか)さんです。

京都御苑の東側にひっそりとあります。

外観は非常に入りずらいです。(笑)

普通に「家じゃない?」って感じの外観です。

ひっそり「日日/冬夏」と看板がでております。

とにかく入りづらい外観!店内の様子。

とにかく入りずらい!ですが、それがいいんです。

喫茶室はカウンターが6席のみ。

適度な具合に席が並んでおり、お隣を気にせずにゆったりと過ごせます。

一枚板のカウンター、ひっそりした空間は少し緊張しました(笑)

奥の入り口から、店員さんが出てきます。

お茶を一通り説明していただき、注文しました。

お茶をいただく!

器がとても美しかったです。

写真が微妙ですね汗

一番奥にはお湯が入っています。

2杯目以降は自分でお茶を淹れます。

自分のいい具合に、自分のタイミングでお茶を楽しみます。

お茶を頂くときにチョコレートもいただきました。

実はお茶にチョコレートはとても合います。

こちらのチョコは何か特別なチョコだったと説明いただきました。

忘れてしまいましたが、、、(笑)

喫茶室のほか、ギャラリー日日(にちにち)

こちらにはギャラリーもあります。

作家さんの作品が飾られており、販売もされていたと思います。

2019年11月8日~11月18日までは「大麻のしめかざり」が展示されています。

ホームページからお買い求めできるようですね。

また、2019年11月22日~12月16日までは「石の指輪(カーリン・コルスター・ケリ作)」

2020年1月3日~1月20日は「茶事のやきもの(中里太亀作)」

の展示会があります。

気になる方はホームページをチェックですね!

日日/冬夏の詳細情報

営業時間10:00~18:00
定休日火曜日
電話番号075-254-7533
住所〒602-0875 京都府京都市上京区中京区中京区丸太町 新 烏丸 通 上る 信 富 町 298
ホームページhttp://www.nichinichi.com/ja/index.htm

京都御苑から日日/冬夏への行き方

京都御苑の東側からだと徒歩3分で着きます。

京都御所からだと約10分くらいかかるね。
京都御苑は砂利道なのでもう少し時間はかかるかも。

京都駅から日日/冬夏への行き方

京都駅(地下鉄)から丸太町駅(地下鉄)に向かいます。

丸太町駅で降りて、そこから徒歩で約15分で着きます。

京都御苑内を散歩してもいいね。
そういえば、京都御苑に”京都三珍鳥居”があるの知ってる?
”京都三珍鳥居”?なにそれ?気になる。。
京都御苑の”京都三珍鳥居”についてはここに書いてるよ。読んでみて!

日日/冬夏 駐車場について

おそらく、車を停める駐車場はないと思います。

私は自転車で行きました。自転車は建物の壁沿いに停めることが出来ました。

「キョウテク 御所東パーキング」がおそらく一番近い駐車場になると思います。

日日/冬夏周辺の観光情報

廬山寺(ろざんじ)

日日/冬夏の近くには廬山寺(ろざんじ)があります。

紫式部が源氏物語を執筆したと言われている場所です。

廬山寺(ろざんじ)の詳細情報
拝観時間9:00~16:00
拝観料大人お一人 400円
定休日1月1日・2月1日~2月9日・12月31日
電話番号075-231-0355
住所〒602-0852 京都府京都市上京区北之辺町397
ホームページhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/index.html

おしまいに

最後までお読みいただきありがとうございました。

京都御所に行った帰りにおいしいお茶を飲む。

一保堂茶舗もよいですが、こちらもおすすめです。

日日/冬夏さん、予約は出来ないので、それだけはご注意ください。

もう一度、最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでも皆様の京都旅行のご参考になれば嬉しいです。

まめたこ(Mametako)