交通費を節約できるお得な乗り放題チケット(一日乗車券)を詳しく紹介

京都では、京都観光や旅行に役立つ電車とバスの乗り放題チケットが何種類も発売しています。チケットを活用することで、交通費を抑えてお得に観光地めぐりをすることが可能です。

こちらの記事では、通年で販売されている乗り放題チケットを紹介しています。

市バス・京都バス一日乗車券

このチケットは市バスと京都バスを一部の区間を除き1日乗り放題になるチケット。
利用できないエリアは、
◆高雄エリア(神護寺、高山寺など)
◆宇治エリア(平等院鳳凰堂、宇治上神社など)
◆八瀬(瑠璃光院など)
◆鞍馬・貴船エリア(鞍馬寺・貴船神社など)
◆大原エリア(三千院・寂光寺など)
となります。

京都市内など中心地から離れているエリアは使用できないので注意が必要です。

<1日乗車券が利用できる対象エリア>
京都市バス・地下鉄路線図(PDF) – 京都市交通局

<乗り放題チケットの販売料金>
◆大人/600円
◆子供/300円

市バス・京都バス1日乗車チケットのメリットは?

市バス・京都バスの運賃は、移動距離によらず運賃は230円均一となります。
なので、3回以上バスに乗車する場合は、チケットの元を取ることができます。

1日で、何度もバス移動を考えている方におすすめです。

購入場所はどこ?

市バス・京都バスの1日乗車チケットを購入する場所は、京都駅前のバス乗り場や、地下鉄の窓口のほか、バスの車内で運転手さんから購入することが可能です。

バスの車内で運転手さんから購入する場合は、下りる時に「1日乗車券ください」とお声をかけるとスムーズですよ♪

1日乗り放題乗車チケットの使い方

バスの1日乗車券は、バス内の運賃箱に通すとカードの裏側に日付が印字されます。

一度、日付が印字すれば、次からバスに乗って、下りる時は運転手さんに日付を見せるだけで大丈夫です。

チケットが利用できないエリアへ行く場合は、バスに乗る時に、整理券を受け取って、下りる時に乗車料金の差額を支払います。この場合の支払いは、現金のみなのでご注意ください。