【京都観光】嵐山の竹林を歩く。京都嵐山をゆるっと観光

こんにちは。

私は京都の宿泊施設でフロントスタッフをしているまめたこ(Mametako)ともうします。

今回は突然京都の外から友人が来たので、嵐山に行ってきました。

私たちがゆるっと歩いた京都嵐山のルートをお伝えいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回の嵐山散策

今回一緒に嵐山に行った友人は気心の知れた友人であり、

「とくに京都で観光したい場所がない」

と言うので、

そっかじゃあ私の部屋でおしゃべりしよか。

というわけにはいかないので、とりあえず嵐山に行くことにしました。

阪急嵐山駅

久しぶりに来ました。阪急嵐山駅。

椅子こんなんだったっけ?と昔の記憶をたどります。

曇天具合がすごい。

私が嵐山を訪れるときは曇りがとても多いです汗

渡月橋へ歩く

しばらく道なりに歩くと渡月橋が見えてきます。

道中には温泉もあったり。

そういえば、以前、阪急沿線に住んでいた時はよくこの近くのベンチでぼーっとしてました。

渡月橋からの景色

奥に見える山が紅葉のシーズンは赤やオレンジ色に変わります。

台風が去った次の日なので水の流れがすごい。

台風で被害にあわれた方々が一日でも早く復興できることをお祈りします。

嵐山のメインストリート?をゆく

渡月橋を渡り、天龍寺に向かい伸びている道にはお店がたくさんあります。

この日は曇天でしたが、観光客も多く、日本人より海外の方々が多かったです。

風車がたくさん。

目が回りそうになりました。

嵐電嵐山駅による

道を進むと道中、嵐電嵐山駅があります。

この駅の見どころと言えば、

キモノフォレスト

ポール上に着物がまとめられて、嵐電嵐山駅を彩っています。

こんな感じです。

日が落ちるとライトアップもされます。

ここは京都嵐山の人気撮影スポットですね。

いよいよ竹林、の前に野宮神社に寄る

友人は天龍寺の興味がなかったため、いや私自身興味がなかったため、お金がかからない竹林へ向かいました。

途中にはの野宮神社がありました。

縁結びの神社でしょうかたしか。

お参りをして竹林へ向かいます。

黒い鳥居が印象的でした。

嵐山の竹林に到着。嵐の影響を受けていた。

嵐山竹林は、去年の夏ぶりでした。

今回の竹林の様子がこちら。

こんな感じでした。

いつもの竹林、、、

ではなく、嵐の影響でしょうか竹が折れていました。

こんな折れ方するんだな、、、と友人と驚きました。

自然災害は本当に恐ろしい。

余談

竹林とか、金閣寺とか。

壊れるイメージってないんですよね。何があってもその形というか。

これって観光地だけの話ではなく、親とか友人、彼女、旦那、妻。

なんでも。当たり前に存在する。

いつまでも、何があっても形変わらず、ずっといる、ずっと会える。

そんなことないねんなあ。と私生活と折れた竹が変に重なった瞬間でした。

何の話やねん。と

以上余談でした。

茶三楽で休憩する。

竹林に行った後、天龍寺に向かう予定でしたが、ちょっと休憩しよか。ということで、以前から気になっていた「茶三楽」さんへ。

茶三楽さん

変わったオブジェ。

ここのかき氷がとても美味しそうで、ずっと気になっていました。

いざ実食!と、かき氷を注文したら、9月までです。。。と教えていただきました。

ぜひ来年来なくては!

今回は、煎茶と生菓子をいただきました。

静岡産の煎茶だったと記憶しています。さっぱりとしたいい苦みでした。

一煎目は入れていただき、二煎目からの煎れる方法は教えていただきました。

久しぶりにお金を払って?(笑)

お茶をいただきましたが美味しかったです。

お菓子は、「こなし」でした。

ひと休憩する予定が、話しているうちに時間は経ち、そのまま帰ることに。

歩き疲れたというのもありました。

高校生の時ぶりに会ったということで、

「お互い歳とったな、体力無くなったな。」

といいつつ阪急嵐山駅へ。

茶三楽の詳細情報

営業時間11時30分~17時30分
定休日水曜日
電話番号075-354-6533
ホームページhttps://www.chasanraku.co.jp/

このお店はお客様が海外の方も多かったです。

英語にも対応しているお店だと思います。

茶三楽の場所

おしまいに

今回はゆるっと嵐山を巡りました。

本当にゆるっと。

私は普段観光地を巡るとなるとしっかりとどこい行くか決めて、時間を無駄にしないようにスケジュールを決めて巡ります。

せっかく行くのだからいろいろ見たい!

もったいないことはしたくない!

この気持ちが強くて、、苦笑

一人で観光するのであればいいかもしれませんが、誰かと一緒に観光するとなると、一緒に巡る人に迷惑かけていることも多々あったと思います。反省です。

今回は何も考えずに気の向くまま、ゆるっと観光しました。

結論ですが、

私には、ゆるっと観光するのがあっているようです。

最低限の道順などだけ調べて、あとは気の向くままの観光があっていると思いました。

今回の嵐山は勉強?になりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

応援よろしくお願いいたします。

まめたこ