【秋限定】京都府立植物園で紅葉と桜のコラボを楽しむ

京都観光

こんにちは。

私は京都の宿泊施設でフロントスタッフをしていたまめたこ(Mametako)ともうします。

京都も寒くなりました。

今年の紅葉はいつが見ごろなのでしょうか?

嵐山に最近行ったのですが、売り子さん曰く、

「嵐山の紅葉は11月後半から12月始めにかけて見頃です。」

とのことでした。めもめも。

自然のことなので、どうなるか分かりませんが、なんとなく覚えとこうってなります。(笑)

さて、

今回は、京都の秋旅行でおススメの京都府立植物園についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

京都府立植物園って知ってる?

京都府立植物園は、地下鉄烏丸線「北大路駅」が最寄りとなる植物園です。

私が伝えたいのは、

京都駅からのアクセスがいい!

そして、拝観料が安い!

さらに、人が少ない!

です。

拝観料こんな安くて大丈夫?

一般で、おひとり様200円です。

高校生は、おひとり様150円です。

安すぎて、、、ありがとうございます。

低給料の私でさえも心配になるお値段設定です。

人が少ない、いや敷地が広い!

京都府立植物園は広いです。

様々な植物が園内に生息しています。

ごった返したり、観光客であふれるイメージはないです。

私は人混みが嫌いなので、桜や紅葉の季節の観光シーズンは観光地へ行くことを避けます。

そんな、人混みが苦手な人におススメな場所です。

秋に桜と紅葉が同時に楽しめる京都府立植物園

遅くなりました。今回の記事のテーマです。

京都府立植物園では運が良ければ

桜と紅葉を同時に楽しむことが出来ます!

桜には10月桜という品種があります。「冬桜」と呼ばれることもあります。

この10月桜が園内の紅葉が生息している場所周辺に生息しているのです。

私は昨年11月20日ごろに京都府立植物園に行ったところ、桜と紅葉を同時に観ることが出来ました。

その時の様子がこちらです。

こんな感じで桜が咲いてます。後ろにはボヤっと紅葉が。

こんな感じで紅葉と桜が同時に見れます。

もっと写真撮るのが上手だったらもう少しつたわりやすいですね汗

紅葉も紅葉で綺麗です。

    

紅葉結構あります。

紅葉、桜以外の植物たちも

本当に様々な植物が生息しています。

季節によってはライトアップなどイベントも開催されます。

京都府立植物園の詳細情報

開園時間午前9時から午後5時まで(入園は午後4時まで)
休園日12月28日から1月4日
電話番号075-701-0141
ホームページhttp://www.pref.kyoto.jp/plant/usageguidance.html

おしまいに

秋の京都旅行は人気で、どこの観光地に行っても混雑しています。

去年は永観堂に紅葉を見に行きましたが、あまりの観光客の多さに断念しました汗

そんな中で京都府立植物園は人が少なく、ゆったりとたくさんの紅葉を楽しめる。また、運が良ければ桜も見れるとなれば、

行くしかないでしょ!

ということで、今年も京都府立植物園に行こうと思っています。

一緒に行ってくれる人募集中です(笑)

最後までお読みいただきありがとうございました。

応援よろしくお願いします。

まめたこ