八坂神社について(歴史や見どころ、拝観料、駐車場情報など)

この記事では、八坂神社について歴史や見どころ、拝観料、駐車場情報など観光で訪れた際に役立つ情報をまとめています。

「八坂神社について知りたい」
「八坂神社の見どころって?」

という方におすすめです。ご参考になさってください。

八坂神社の概要

京都の中心地から東西に伸びる四条通の東の端にある八坂神社は全国にある八坂神社や須佐之男命(スサノオノミコト)を祀る神社の総本社。花街として有名な祇園のすぐそばにあり、四条大橋~八坂神社まで多くのお土産屋さんや飲食店が並んでいる日中も夜も賑やかな場所にあります。

八坂神社が建てられたことについて所説ありますが、明確な史実は定まっていません。一説には、655年(斉明天皇2年)に高麗から来た伊利之(いりし)により、新羅国牛頭山(韓国)の素戔嗚命(スサノオノミコト)の魂を山城国愛宕郡八坂郷(東山区)に祀ったのにはじまるといわれています。

または、876年(貞観18)に南都(奈良)の興福寺の僧円如が東山のふもとにお寺を建てたところ、人々を救うため牛頭天王が姿を変えてこの世に現れたのが始まりだともいわれています。

平安時代初期の9世紀に自然災害や疫病が何度も発生したことにより、人々は疲弊していましたが八坂神社に勅使(天皇の使い)を派遣して祈願したところ疫病の流行がおさまったと伝わっており、この出来事から疫病除の神様としてあがめられ発展していくことになりました。

八坂神社は数々の天皇が行幸(訪問)された場所として記録に残っており、そのほかにも平清盛や源頼朝、足利家といった武家からも信仰されていました。1467年から1477年に起こった応仁の乱によって八坂神社は荒れ果てることになりましたが、豊臣秀吉や徳川家により再興されました。

八坂神社の朱色の楼門は1497年(明応6年)に再建したもの。メディアで取り上げられたり、SNSで投稿されるので、この楼門が八坂神社の正門と思われる方も多いと思いますが、こちらは西門。正門は八坂神社の鳥居と共に南側にあります。

元々は祇園神社、祇園社、祇園感神院などいくつもの呼称がありましたが、明治の神仏分離令の頃の1868年(慶応4年)に現在の名前八坂神社に改称されました。現在は花街として有名な祇園という地名も、八坂神社の門前街として栄えたことに由来します。地元の方は親しみを込めて「祇園さん」と呼ばれており、パワースポットをしても知られています。

初詣の頃になると毎年多くの参拝者が訪れますが、その数は伏見稲荷大社の次に多く、本殿付近は人々の熱気がすごく、とても賑わいますよ。

多くの神社やお寺が18時までには閉門してしまい、夜間は特別な期間以外は拝観できませんが、八坂神社は24時間拝観可能。夜中は舞殿の提灯が点灯され、日中とはまた違う雰囲気を味わえます。

八坂神社の見どころ

八坂神社の見どころの一部をまとめました。訪れる際のご参考になさってください。

本殿

高さ15メートル、広さ400坪にも及ぶ大きな桧の皮を重ねた大きな屋根が特徴的な祇園造りと呼ばれる建築様式。その大きな屋根で本殿と拝殿を覆う建築様式は他に類を見ません。現在の本殿は1654年(承応3年)に四代目将軍徳川家綱によって再建されたもので国の重要文化財に指定されています。令和元年に八坂神社本殿が国宝に指定されました。

建物の下には京都市内に大きく広がる池があるとされています。昔々からエネルギーが集まる龍穴として青龍が棲み、京都を守っているという伝説があります。

龍吼(りゅうぼえ)

本殿に向かって右の柱の下に鮮やかな龍が木彫りで装飾されていますが、柱の下から西を向いて手をたたくとこの場所だけ大きく反響して音が聞こえるとも。その理由は龍の木彫り(龍吼、りゅうぼえ)が拍手に応えて鳴いているからだといわれています。

美容水

美容水は八坂神社の境内にある美御前社(うつくしごぜんしゃ)の湧き水。身も心も美しくする神水として伝わり、肌につけるとご利益があるといわれています。

美御前社は美貌、芸能、財福の神様として祇園の芸妓、舞妓から信仰されている他、美容・理容・化粧品などの業種の関係者からも信仰されています。

御神水(力水)

御神水は八坂神社の境内にある大神宮社の前から湧き出ています。こちらの御神水は八坂神社の本殿から湧き出している水と言われており、地元の方々からは「力水」と呼ばれており、気の力を授かることができると親しまれています。飲料水ではないと注意書きがされています。もし、飲まれる場合は自己責任でお願いします。

祇園祭

毎年7月に行われる京都の夏の風物詩祇園祭は八坂神社の例祭。昔は医学もそこまで発展しておらず、疫病は悪霊の祟りだと信じられていた頃、疫病をおさめるために二条城の近くにある神泉苑で行われた御霊会が祇園祭の起源といわれています。祇園祭の期間中は八坂神社で長刀鉾稚児社参や、神輿渡御出発式など行事が行われます。

八坂神社のご利益

八坂神社の境内にはいくつもの神社が存在するので様々なご利益を授かることができます。一部を紹介します。

  • 縁結び:大国主社
  • 心願成就:悪王子神社
  • 災難除け:日吉社
  • 縁切り:刃物神社
  • 薬・自然の力・武運:五社
  • 商売繁盛:祇園えびす社(北向蛭子社)

写真撮影の注意事項

八坂神社の本殿内陣は撮影することができませんのでご注意ください。

八坂神社の混雑具合

八坂神社は京都市内中心部にあるもっとも有名な観光スポット。

祇園のメインストリートの四条通が近くにあることもあり、平日でも多くの方が参拝されます。ただし、境内は狭くないので混雑していてもそこまで気になることはないといえます。また、八坂神社は24時間参拝することができるので、混雑が苦手な方は早朝や夜間に参拝することをおすすめします。

なお、境内は24時間開放されていますが、社務所は夕方までしか開いていません。おみくじやお守りなど求めている場合は、日中参拝する必要があります。

八坂神社の御朱印

八坂神社の御朱印は手書きと書置きの2パターンあります。

手書きは500円、書置きは300円となっています。書置きの御朱印は10種類以上あります。

八坂神社のアクセス情報

八坂神社がある祇園は京都の中心部として交通の便は非常によく、最寄り駅からは徒歩8分、最寄りのバス停は八坂神社から100mも離れない場所に停まります。

・最寄り駅 京阪電車祇園四条駅 から徒歩8分
・阪急電鉄四条河原町 から徒歩13分
・最寄りのバス停 JR京都駅から祇園バス停から徒歩すぐ
[https://kyoto-note.com/gion-yasaka-jinja-access-kyoto-station/]
[https://kyoto-note.com/how-to-get-to-kyoto-station-from-yasaka-jinja/]
[https://kyoto-note.com/yasakajinja-access-kiyomizudera/]
[https://kyoto-note.com/how-to-get-to-yasaka-jinja-from-heianjingu/]

駐車場情報

八坂神社には専用の駐車場がありませんが、北側に京都市が運営する駐車場「京都市円山駐車場」があり、八坂神社まで徒歩すぐとなるのでおすすめです。八坂神社周辺には民間のコインパーキングがいくつもありますが、観光エリアになるのでどれも利用料金は高くなります。

交通量の多い京都市内の観光は電車やバスを使うことをおススメします。

八坂神社の基本情報

  • 名前:八坂神社(やさかじんじゃ)
  • 住所:京都府京都市東山区祇園町北側625
  • 電話番号:075-561-6155
  • 拝観料:無料
  • 所要時間:30分
  • 創建:656年(斉明天皇2年)
  • 主祭神:素戔嗚尊、櫛稲田姫命、八柱御子神