神社で神様に歓迎されていないサインを徹底解説 – 歓迎されている時の違いとは

このページでは、神社を訪れた時の神様に歓迎されていないサインについて、そして歓迎されている時のサインについて紹介します。

このサイトを運営している私の実家はお寺です。神社ではありませんが神様・仏様がいつも身近にいることを教えられて今まで生きてきました。京都はお寺や神社が多く、京都散策が好きなので、いくつもの場所をお参りしてきました。

神様・仏様からの歓迎されていないサイン・歓迎されるサインとは?

大前提として、神様・仏様は私たちの生活に干渉してくることはありません。なぜなら「あなたらしく生きなさい」という想いをお持ちですから、私たちの生き方を尊重してくださっているからです。

普段このようなスタンスの神様・仏様ですが、時には向こうから私たちにサインを送ってくることがあります。神様・仏様から私たちに自分の存在を知らせてくる時は重要なメッセージが込められると言われています。

具体的に重要なメッセージとは

具体的に重要なメッセージとは以下の3点となります。

  • メッセージを受けた人の大切な節目が近づいている
  • これから先、良い方向に進む
  • 良い意味で大きな流れが来るという知らせと応援

神様・仏様からのメッセージが来ない時も

神様・仏様からメッセージが来るのは一般的に歓迎されている時です。ですから、歓迎されていない時は、メッセージがもらえないことも。

大切なメッセージを見逃すことがないよう神社を訪れた時に、神様が歓迎しているサインと歓迎していないサインについてわかりやすくお伝えします。

神社やお寺で神様に歓迎されないサインってどんなもの?

神社やお寺で神様・仏様に歓迎されないサインってどんなもの?歓迎されていなければ神社に行かない方がいいの?と不安になる方もいらっしゃるかと思うので歓迎されていない時のサインがどのような形で現れるのか以下に具体例を紹介します。

  • 簡単な道のりだったとしても迷ってしまって神社に到着しない
  • ナビやアプリに神社やお寺を目的地に設定しても別の場所が案内される
  • 目的地に向かう道で動物の死骸が目についてしまう
  • すぐにたどり着ける場所に目的地があるのに、道に迷ってしまったり、アクシデントが起きて参拝時間に間に合わなくなる

このような出来事が起こった時は「神様が歓迎していないサイン」です。では、このようなことが起こった場合、どのような対処法があるのかご説明します。

神社やお寺で神様に歓迎されないサインを受け取った時の対処方法は?

神様や仏様から歓迎されないサインを受けた時、あなたは以下のような状態となっている可能性が考えられます。

  • 不浄なものに取り憑かれている
  • 怒りや恨み、憎しみなど負の感情に支配されている
  • 神様を軽く扱い、その行いが神様に伝わっている

歓迎されていないサインをあなたが受け取った時は、あなたに取り憑いている不浄なものやあなたを支配している負の感情をきれいに落とし、神様と仏様に対して失礼なことをしたことをしっかりと詫びましょう。そうすれば、神様・仏様は歓迎しないサインを取り消すでしょう。

では、具体的にどのような手順で不浄を落とし、負の感情をきれいにすることができるのか紹介します。

歓迎されないサインを受け取った時の対処法の具体的な手順

①気持ちを落ち着かせる

歓迎されていないサインが現れた場合、まずは気持ちを落ち着かせましょう。歓迎されないサインを受け取ると恐怖や不安という感情が芽生えるはずなので、近くのコンビニやカフェなどに入り、気持ちを落ち着かせてください。

②不浄なものや負の感情を落とす

不浄なものに取り憑かれている状態や負の感情に支配されているとマイナスなエネルギーが発生するようになっています。神様や仏様はマイナスなエネルギーを嫌うのでメッセージを受け取りたかったらマイナスのエネルギーを落とす必要があります。

マイナスなエネルギーを落とす簡単な方法として一般的なのは、粗塩で手をもみ洗いする方法がありますのでおすすめです。

粗塩はスーパーやコンビニエンスストアでも買うことができるので、もし持っていなかったとしても手に入れることができます。

粗塩を用いたセルフ浄化法
  1. 粗塩を大さじ2杯ほど手に取り、両手全体にもみ込む
  2. 指の間や指先に負のエネルギーが溜まりやすいので念入りに塩をすり込む
  3. 3分ほどそのまま放置する
  4. 水で手を洗い流す
③神様に謝る

神様に粗相している場合はもちろん、粗相をしていなかったとしても、マイナスなエネルギーを憑けて参拝する可能性があるので、万が一のために神様・仏様に詫びておくといいでしょう。

心の中で神様と仏様に「失礼をしてしまってすみませんでした。」と伝えるようにしてくださいね。

きれいな状態で神社やお寺に向かおう

①から③まで行って神社やお寺に向かうようにしましょう。きれいになった状態であれば、神様・仏様が歓迎していないサインが現れることはないでしょう。

より丁寧な参拝方法とは。。。

きれいな状態になって、神社に参拝する際にワンカップのお酒を持っていき奉納するとより丁寧とされています。ワンカップの場合は、お賽銭箱の周辺におくと良いです(瓶のお酒の場合は社務所に奉納しましょう)。神社によっては御供物をお供えするための場所が設けられている場合があるので、その場合はそちらに置くようにしましょうね。

どうしても神様の歓迎されていないサインが続く場合はどうする?

上記で紹介した方法を試したとしても、神様の歓迎されていないサインが続く場合は、「今日は神社を訪れてはいけない」と受け取り、日を改めましょう。

絶対に、無理して神社に行くようなことはしないでくださいね。翌日、歓迎されていないサインがない日を選んで神社に訪れましょう。残念ですが神様から「今日は来てはいけないよ」というメッセージだと受け取りましょう。

神社やお寺で神様に歓迎されているサインってどんなもの?

ここまで、神様に歓迎されていないサインについて紹介しましたが、歓迎されているサインはどのようなものでしょうか?

神様からの歓迎のサインは様々。一例を紹介

神様や仏様に歓迎されているサインは様々なものがあります。以下でいくつかの例を紹介します。もしかすると「あっ、これ経験ある!」というものもあると思います。

  • いい香りがする
  • 訪れた神社の本殿に近づくと人が少なくなる
  • 神社の参道を歩いていると生き物(蝶など)に出会う
  • 神社の敷地に入ると雨が止む
  • 手水場で口を清めた時に水が甘く感じる

このようなことが神社やお寺を訪れた際に起こればそれば、神様・仏様からの「歓迎しているサイン」と受け取ることができます。

神様から歓迎されているサインを受け取ったと思ったらやるべきこと

神様からの歓迎されているサインを受け取った時は、あなたの人生において大切な時(流れが大きく変わる時)だと言われています。

神様や仏様からありがたい御神託をいただける可能性が高いので、歓迎のサインを受け取ったと思われる日は、ぜひおみくじを引いてみてください。

おみくじはあなたの運を占うためだと思われがちですが、それだけではなく「神様や仏様からのお告げを聞くための手法」という役割もあります。「大吉」や「凶」などだけ注目するのだけでなく、何が書かれているかまで見てみてくださいね。

神様からのお告げでもあるので、引いたおみくじは神社の木に括り付けるのではなく、持ち帰ってふとした時に読み返してみると良いアドバイスとなることもあります。

まとめ

神様に歓迎されていない時は神社やお寺を訪れるのを控えることをおすすめします。そして、歓迎されている時は、神様があなたに何かを伝えようとしているので、その時は神社を訪れて神様からのお告げに耳をかたむけてみてください。

もしかすると、あなたにとって重要なメッセージを受け取ることができるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

京都観光

応援よろしくお願いします!励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ  にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

この記事を書いた人
Kaoru

京都在住。京都で生まれ、世界・日本を転々とした後5年前から京都に戻り住んでいます。京都が好きで週末はよく観光しています。数年前に京都検定3級を取得しました。京都観光や京都旅行の役立ちそうな情報を発信します。京都観光とは別にユーモラスな記事やジョークなども発信しています。

Kaoruをフォローする
京都観光のお役立ち情報【京都まめ手帖】