東華菜館の納涼床で中華料理をいただきました

グルメ

この記事は2021年7月に四条大橋西詰にある東華菜館に行った時の様子について書いています。前回行ってから数ヶ月が経ちますので、覚えている限りの情報となります。

「四条河原町でランチやディナーをいただくお店を探している」
「東華菜館のメニューが気になっている」
「四条大橋の洋風の建物は何もの?」

という方におすすめです。

東華菜館

東華菜館は京都市内の四条大橋西詰にデンっと構える料理のお店です。ヴォーリス建築の外観は存在感があるので、四条大橋を渡ったことがある方なら誰もが一度は目にしていると思います。レトロな洋館からは北京料理のお店だと想像はつきません。

お料理が美味しくて評判のお店ですが、建築物としても有名です。有形文化財に登録されており、店内の手動式のエレベーターは日本最古と言われています。

毎年5月〜9月の間は鴨川納涼床が出現して鴨川沿いのお店が賑わいます。お店によっては床代が必要であったり、注文する料理を限定しているところもありますが、東華菜館はそんなことありません。

  • 店名:東華菜館
  • 住所:京都府京都市下京区斎藤町140−2
  • 電話番号:075-221-1147

x
清水寺出口でただただ池を眺める 2021年4月2日
 

店内

スパニッシュ・バロック様式の建築となっており、レトロな雰囲気の中で食事を楽しむことができます。2〜18人までの個室の他、30名までの小宴会場や50名までの中宴会場、130名までの大宴会場があるので、デートや食事会、同窓会など用途に合わせて様々なシチュエーションで利用することができます。今回わたしたちは納涼床での食事となりました。ラストオーダー近くに入店したので、店内の様子はちょっとしか見ることはありませんでしたが洋風な佇まいに「あれ?今から中華料理食べるよね?」となりました。

メニュー

東華菜館の一品料理は、以下のようにカテゴリー分けされています。

  • 冷菜類(前菜の盛り合わせや若鶏の蒸し物など)
  • スープ類(カニ入りフカヒレスープや卵と野菜スープなど)
  • エビ類(エビチリや大エビの揚げ物など)
  • 牛肉・豚肉類(チンジャオロースやハルマキなど)
  • 鶏肉・玉子類(北京ダックや揚げ鶏肉の唐辛子炒めなど)
  • 海鮮類(アワビのステーキや海鮮ミンチのレタス包みなど)
  • 野菜・豆腐類(八宝菜や麻婆豆腐など)
  • 主食類(水餃子や炒飯など)
  • デザート類(さつまいもの甘煮や杏仁豆腐など)

席に用意されていたメニューは文字のみでしたので、どれくらいのボリュームなのか少しわかりづらかったのですが、東華菜館のホームページには文字と画像でメニューが紹介されていたのに後で気づきました。

今回は注文しませんでしたが、一品料理のほかコース料理も提供されています。詳細情報は上記のホームページからご確認ください。

わたしたちがいただいたメニュー

メニューが豊富であれも美味しそうこれも美味しそうとラストオーダーギリギリで入店したにもかかわらず悩みます。わかめさんのおすすめである春巻きと最後はGoogle mapの写真を参考にアラカルトをいくつか注文しました。

エビのトマトソースからめ(1980円)

ハルマキ(豚肉と野菜の玉子巻き揚げ)(1650円)

麻婆豆腐(1320円)

おしまいに

これまで四条大橋を渡る度に気になっていたお店「東華菜館」。建物が仰々しくて「めっちゃ高そう」「入りづらい」と思っていましたが、食事の料金はリーズナブルですが、一品一品美味しくてボリュームが多い印象を受けました。ラストオーダーギリギリにも関わらず、気持ちよく接客してくださったスタッフさんも素敵でした。次回は、屋内でコース料理をいただきたいと密かな目標を立てて日々の仕事を頑張ろうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

グルメ

応援よろしくお願いします!励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ  にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

この記事を書いた人
とうふ&わかめ

京都在住の社会人カップル「とうふ」と「わかめ」が京都観光・旅行のお役立ち情報を発信しています。お休みの日、京都で出会ったちょっとした幸せや京都観光、京都生活の参考になりそうな情報をゆるっとシェアします。ゆるりまったりと気ままに更新。記事作成やお店紹介などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

とうふ&わかめをフォローする
シェアする
京都観光のお役立ち情報【京都まめ手帖】