鶴屋吉信では目の前で菓子職人の技を見ることができます

京都体験

こんにちは。

私は京都の宿泊施設でフロントスタッフをしていたまめたこ(Mametako)ともうします。

今回は、和菓子体験、、、

自身で和菓子作りを体験するのではなく、目の前で職人の和菓子作りの手さばきを見ることが出来る「鶴屋吉信」さんの紹介です。

それではまいります。

京都の老舗和菓子店「鶴屋吉信」

「鶴屋吉信」は千本今出川にございます。

祇園はコロナ収まり、人...
祇園はコロナ収まり、人あらわる 2021年3月26日

店頭には大きく「柚子餅(ゆうもち)」の看板が。

たしか富岡鉄斎先生がお書きになったものです。

しぶいです。

柚子餅は柚子の形をした入れ物に入っている商品もあり、お土産にもいいですよ。

柚子餅の写真探しましたがありませんでした汗

撮ってたと思ったのに、、、

美味しすぎて取る前に食べちゃいましたね!(笑)

店頭の写真も撮ってない汗

とにかく店頭には

「柚子餅」

の大看板が掲げられているのでそれが目印です(笑)

鶴屋吉信の場所

新展開!カフェもオープン!

鶴屋吉信本店の隣には最近カフェもオープンしました。

こちらも要チェックです。

カフェの方が若者は入店しやすいですね。

以前はよく前を通っていたのですが、なかなか入店する機会がなくて、、、

また時間があるときに言ってみようと思います。

職人の手さばきが見れる「菓遊茶屋(生菓子実演)」

鶴屋吉信本店の2階にある「菓遊茶屋」で目の前で職人が和菓子を作っていただけます。

予約は必要ないです。

前回、の生菓子です。

見事な手さばきであっという間に形作られていきます!

美しい。

繊細。

人前に立ち、和菓子を作るのにどれくらいの期間修業が必要なのか尋ねると、

良く聞かれる質問です。およそ10年です。

とおっしゃられました。

10年!

10年続けているものがない私は、そうですかあ~、と深いため息しか出ませんでした。

和菓子が作られている時も、見入ってしまい静かぁにおとなしくしていました(笑)

「菓遊茶屋(生菓子実演)」の詳細情報、お値段等

「菓遊茶屋(生菓子実演)」は予約は必要ないです。

混んでいる場合や、途中参加は出来ないので待つ場合もあります。

「菓遊茶屋(生菓子実演)」営業時間 9:30~18:00(ラストオーダー17:30)
定休日 水曜日(祝日の場合は営業)
電話番号 075-441-0105
ホームページ https://www.tsuruyayoshinobu.jp/shop/pages/tenpo_honten_info.aspx
だいたい時間は30分ほどでしょうか。

お値段はおひとり様、1,210円(税込)です。

おしまいに

久しぶりに?

はじめて、和菓子の記事を書いた気がします。

いやあ、写真がきれいですね。

実物はもっと美しく、そして美味しいんです。

たぶん、京都旅行に来られた方は京都を感じるんじゃないかな(笑)

と思います。

私自身、職人さんの手さばきやお話は聞いてて楽しい、見て楽しくなります。

さて、次はどこに行こうかな。

最後までお読みいただきありがとうございました。

応援よろしくお願いいたします。

まめたこ

京都体験

応援よろしくお願いします!励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ  にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

この記事を書いた人
Kaoru

京都在住。京都で生まれ、世界・日本を転々とした後5年前から京都に戻り住んでいます。京都が好きで週末はよく観光しています。数年前に京都検定3級を取得しました。京都観光や京都旅行の役立ちそうな情報を発信します。京都観光とは別にユーモラスな記事やジョークなども発信しています。

Kaoruをフォローする
京都観光のお役立ち情報【京都まめ手帖】