河原町周辺で美味しいランチが食べられる人気店まとめ

四条通と三条通を繋ぐ河原町通は、地元民から観光客まで、毎日多くの人々が訪れる人気のエリア。歴史的建造物やお土産屋、飲食店など様々なタイプのお店が集まっています。

そんな河原町の魅力といえば、美味しい料理が楽しめるグルメスポットがたくさんあること。地元民に愛されるディープなお店から観光客で賑わう有名店、ひっそりとした路地裏の隠れた名店まで。河原町を訪れる前に知っておきたいお店があちこちにあります。

今回は、河原町で美味しいランチが食べられる人気店を紹介します。

スポンサーリンク

芙蓉園(ふようえん)

芙蓉園は、河原町駅の南川にあるユニークな中華料理を楽しめるお店で昭和30年から今まで続いています。創業から変わらず本格中華をリーズナブルな値段で提供されていて、地元の人や観光客など幅広い層に大人気♪

こちらのこだわりは自家製麺や皮から全て手作りの春巻きなど、手作りがウリです。その中でもわたしが紹介したいのは、鳳凰蛋(ほうおうたん)と呼ばれるお料理。

鳳凰蛋は、鶏肉と玉ねぎをトロットロの卵でとじたお料理で、長年継ぎ足しされているチキンスープで味付けされています。日本国内で育種改良された純国産鶏さくらのさくらたまごが使用されており、味付けは優しい甘さ。土井善晴さんの ”美食探訪” でも紹介されていますよ。

芙蓉園のおすすめランチメニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

しぽん(@spn_sake)がシェアした投稿

芙蓉園のランチメニューで、鳳凰蛋をメインとしたランチ、その名も「鳳凰蛋ランチ」がいただけます。

1,210円という観光地値段の中でも比較的低価格な値段で、内容は、鳳凰蛋の他、ライス・春雨のサラダ・焼売(しゅうまい)・搾菜(ザーサイ)・スープ・デザートがいただけます。

鳳凰蛋は、そのまま食べてももちろん美味しいのですが、ライスの上にかけると親子丼のようなカタチで美味しく食べることもできます。

また、鳳凰蛋ランチの他にも、夏季限定メニューとなりますが、冷麺セットもおすすめ。胡瓜と焼豚がのっているシンプルなものですが、細麺との相性が良くスープは酸味があり爽やかです。

1,540円で、冷麺に加え、もう一品(唐揚げ・麻婆豆腐(マーボードウフ)・イカのチリソース・八宝菜・酢豚)から選べます。

芙蓉園の詳細情報

◆住所:〒600-8018 京都府京都市下京区市之町240-1
◆営業時間:12:00〜14:00
◆定休日:火・水曜日
◆お問い合わせ:075-351-2249
◆予約サイト:食べログサイト
◆アクセス:河原町駅18番出口から徒歩5分

サラダの店サンチョ 河原町本店

サラダの店サンチョ 河原町本店は、西洋料理と健康に嬉しいフレッシュなサラダが食べられるお店です。ハンバーグやオムレツ、コロッケといった定番の洋食メニューが揃っているので老若男女が楽しめますよ。

こちらのお店は大人気店で、ランチの時間帯にはたびたび行列になります。

サラダの店サンチョ 河原町本店のおすすめランチメニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Koh Yuri(@kohyuri412)がシェアした投稿

おすすめのランチは、平日のセットメニューのフライランチ。

1,080円のフライランチの内容は、エビフライ・しそ入りチキンカツ・サラダ・ライスと食べ応え十分。ライスはロールパンの変更できます。

また、1,130円のテリコロは、食べ応え十分なのでがっつり食べたい方におすすめ。照り焼きソースのかかった肉々しいステーキは、ライスとの相性がバツグン。

ランチセットのメインをサポートする影の立役者であるサラダは、マヨネーズベースの特製ドレッシングで味付けされておりとても美味しいですよ♫

カウンターがあるので、お一人様でも落ち着いて食事を楽しめます。

サラダの店サンチョ 河原町本店の詳細情報

◆住所:〒604-8041 京都府京都市中京区裏寺町 中の町572
◆営業時間:11:30〜21:00
◆定休日:水曜日
◆お問い合わせ:075–211-0459
◆予約サイト:食べログサイト
◆アクセス:河原町駅6番出口から徒歩3分

くるみ

くるみはランチのみ営業している洋食レストランで地下1階にあります。店内はレトロな雰囲気で、くつろぎながらランチを楽しみたい方におすすめ。

特に人気の定番となっているのは、看板メニューでもあるインディアンオムライス。

くるみのおすすめランチメニュー

人気観光地でありながら600円というリーズナブルな値段で食べられるインディアンオムライスは、薄皮の卵にタルタルソースとデミグラスソースがたっぷりとかかっており、これがドライライスとの相性バツグンです♪

インディアンオムライスに200円追加でドリンクを付けることもできますし、サイドメニューとして300円追加で、冷製カボチャスープを付けることもできますよ♫

くるみの詳細情報

◆住所:〒604-8043 京都府京都市中京区寺町通四条上る東大文字町310
◆営業時間:11:30〜16:00
◆定休日:水曜日・日曜日
◆お問い合わせ:075–221-2222
◆予約サイト:食べログサイト
◆アクセス:河原町駅9番出口から徒歩2分

葱や平吉 高瀬川店

葱や平吉 高瀬川店は、行列必須な葱(ネギ)が主役の古民家レストラン。店頭には、様々なお野菜が並べられているので、健康志向が高い方は思わず立ち止まってしまいそう。こちらでは、葱料理が定番となっていますが、バラエティ豊かなとろろ料理を楽しむことができます。

葱や平吉 高瀬川店のおすすめのランチメニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nobuhiko Shimada(@gps_nob)がシェアした投稿

ランチにおすすめの看板メニューは、1,480円の漬けマグロとろろめし。ご飯は、白米と玄米から選べる上に、ご飯とお味噌汁はおかわり自由、そしてネギはかけ放題というサービスがついています。漬けマグロが5切れついていて、臭みもなく味がしっかりしており、シルクのようなとろろとよく絡みます♫ご飯の上に自分でとろろをかけて、お好みで黄卵の醤油漬けを落としていただきます。

漬けマグロ以外にも、ゆばや肉吸い・鯛胡麻・西京焼きとセットでとろろを注文することも可能です。京都らしいお料理が揃っているのも嬉しいですね♫

店内は、古民家をきれいに改装されている大人な空間で、落ち着いてランチをいただけることからデートにもおすすめ。窓際の席で食事をすれば、浅く透明な水が流れる高瀬川を眺めながら食事をすることができます。

葱や平吉 高瀬川店の詳細情報

◆住所:〒600-8018 京都府京都市下京区市之町260-4
◆営業時間:11:30〜15:00
◆定休日:水曜日
◆お問い合わせ:075–342-4430
◆予約サイト:一休サイト
◆アクセス:河原町駅18番出口から徒歩5分

たん熊北店

たん熊北店は、京都に住んでいれば誰もが一度で良いから行きたいお店で、京懐石の世界では横綱のような存在。河原町通から東へ少し進むとある高級料亭です。

お料理の値段は、目を見張るものばかりとなっていますが、京都のグルメを味わいたいなら、ぜひ訪れてみたい名店。

ランチメニューは、ディナーと比べて低価格。

たん熊北店のおすすめのランチメニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヨシエ(@yoshie.0726)がシェアした投稿

定番のランチは3,850円の半月弁当です。名前の通り器の形が半月で、中には職人技の繊細なお料理が彩りを魅せます。味は全体的に淡く、食材の奥深いうまみが引き出されていると評判で人気が高いです。味だけでなく目や鼻、耳など五感で楽しむことができる完成度の高いお料理ですね。

たん熊北店の詳細情報

◆住所:〒604-8024 京都府京都市中京区紙屋町355
◆営業時間:11:30〜14:30
◆定休日:水曜日
◆お問い合わせ:050-3503-6990
◆予約サイト:一休サイト
◆アクセス:河原町駅1A番出口から徒歩5分

河原町の美味しいランチについてまとめ

河原町通を中心とした河原町エリアは、地元民から観光客までランチを楽しめる様々なお店が集まっています。

高級和食店からお手頃価格でランチを食べられるカフェまで用途に合わせて選択できるのが嬉しいところ。

和・洋・中などほとんどのジャンルの料理が揃っているのもいいですね。

お店があり過ぎて、河原町でランチをしようとするとどのお店に行こうか迷うこともあると思いますので、事前にお店を調べておくとスムーズに、そして楽しくランチが楽しめますよ♫