木屋町通り散策してみる!楽しみ方を紹介

こちらの記事では京都の繁華街の一つである木屋町通りについて紹介します。京都観光で訪れる場所としてご参考になさってください。

木屋町通りとはどんなところ?

木屋町通りは京都市の中心となる二条通りから五条通りの間の高瀬川東側を指します。高瀬川沿いを南北にのびる通りで、かつては物資の運輸経路として重宝されていたことがあり、高瀬川沿いには財億章が多く集まっていたことから木屋町と呼ばれるようになった歴史があります。

木屋町通りは歴史的な場所でもある

三条通り近くの高瀬川沿いには、幕末の志士坂本龍馬が匿われていた材木商「すや」の建物が今も残っており、高瀬川に向かって鉄砲の試し撃ちをしていたという記録もあります。

坂本龍馬だけでなく、木屋町通り沿いには歴史上の有名人の足跡が数多く残っており、「過去に〇〇が同じ場所を歩いていたんだな」など歴史が好きな方は熱い気持ちになること間違いなしです。

この木屋町通りは、高瀬川と並行してあり情緒たっぷりで美しい景観がある場所として散策コースとして人気です。

木屋町通りの春の楽しみ方 – 桜がきれい

木屋町通りには桜の木が多く植えられており、春の桜のシーズンには桜が咲き誇り美しい景色を眺められます。花びらが川面を流れる様は情緒たっぷりで、思わず立ち止まって見入ってしまいます。

毎年、3月下旬から4月上旬が桜の開花時期となっているので、そのタイミングで京都を訪れる機会がある場合はぜひ桜鑑賞に訪れてみてください。

木屋町通りはライトアップされます

桜の見頃の時期には木屋町通りはライトアップされるので、夜に訪れると日中とは異なる美しい桜の景色に出会うことができます。

三条大橋近くにある高瀬川沿いのおばんざい料理店めなみでは2階から桜を眺めながら食事を楽しむことができる私のおすすめのお店です。

木屋町通りの夜の賑わい具合について

木屋町通りは飲食店が多く、夜には数多くの人々で賑わいます。ビルなどが多く立ち並びますが、京都らしい風情がある建物も並び、京都ならではの雰囲気を感じられる場所としてもおすすめです。飲食店(料亭からバーまで)や旅館など揃っている木屋町通りは歓楽街。

まとめ

日中と夜では人々の賑わい具合が違うので、異なる雰囲気を感じることができる木屋町通り。訪れる度に新しい魅力を発見することができるでしょう。

何も目的がない状態で木屋町通りを歩いただけでも絵になるスポットが多く、散歩するだけでも楽しいですよ。