蓄膿症(副鼻腔)を本気で治したい方におススメの耳鼻科を紹介

蓄膿症京都の文化

京都市内で蓄膿症(副鼻腔)に悩まされている方におススメのクリニックを紹介

「鼻の奥から膿みが口やのどに流れてくる」
「口臭が気になる」
「鼻水が黄色くドロッとする」

このような症状に悩まされている京都市内に住んでいる方におススメの内容になっています。

こんにちわ。

わたしは京都在住のまめたこ(Mametako)です。

今回、皆様にご紹介したいのは京都市内の耳鼻科「耳鼻咽喉科 安野医院」です。

わたし自身、蓄膿症に長い間悩まされていたのですが、二週間前から通いだして、本当に症状が回復したのでわたしのように悩んで知る方にぜひ知っていただきたいと思いこの記事を書きます。

それでは、まいります。

スポンサーリンク

こんな症状があれば蓄膿症(副鼻腔)の可能性があります

皆さん、蓄膿症(副鼻腔)はご存じですか?
わたしは専門的な医学の話は分かりませんが、実際に私が悩まされていた症状は次の4つです。

1、黄色いドロッとした鼻水が毎日続く
2、口が本当に臭くなる
3、歯が黄色くなる
4、食べ物の味がわからなくなる

こんな感じですが、書いてて嫌になりますね。

何が一番って、口が臭くなることですね。

また、鼻の奥に膿みが溜まっているので鼻呼吸すると臭くて、口呼吸しても口やのどに膿が流れてくるので常に臭い空間に閉じ込められているようなイメージでした。

また、一日の目覚めの瞬間も最悪で、起きると口の中に膿みが溜まっているんですよ。

洗面台で吐き出すと、黄色い痰がドロッと出てきて、一日の始まりは最悪の気分です。

更に、眠るときも横になると、姿勢が変わるからでしょうか、鼻の奥から腐ったような異臭が漂ってくるんです。

わたしは、この蓄膿症(副鼻腔)を1年以上も放っておきました。

今になってみると、もっと早くクリニックに通えばよかったと思います。

蓄膿症のデメリット

・人と対面して話すときに口臭が気になる
・朝と晩、毎日最悪の気分になる
・風邪など引くと信じられないくらい膿がでる
・とりあえず臭い

京都市内の耳鼻咽喉科 安野医院で蓄膿症(副鼻腔)が治った!

耳鼻咽喉科 安野医院に通うことを決めたきっかけ

きっかけを話す前に、なぜ1年以上もクリニックに通うことなく放置していたのかを話します。
始めは、鼻づまりが続くなという違和感だけでした。
そして、普段より鼻水がドロッとしているなあ、くらいでこのころは臭いもそこまで気にならなかったです。
蓄膿症(副鼻腔)なんて勝手に治るんじゃないのか、と誤った考えで放置していると、徐々に膿みの臭いが気になり始めて、、、
その頃から、このままじゃいけないな。と思い、蓄膿症(副鼻腔)について調べ始めました。
わたしが見つけたインターネットの記事には「蓄膿症(副鼻腔)を治療するには手術が必要」と書かれていて、それを見てクリニックに行くという気持ちにストップがかかりました。

このころは京都のホテルで働いていたのですが、フロントスタッフという立場上、対面するお仕事なので、口臭に気を使いブレスケアやフリスクなどあらゆることを試してだましだまし口臭と付き合っていました。

ある日、ドラッグストアで「チクナイン」という飲み薬を発見したんですね。
これが蓄膿症にとても効果があるとのことなので、さっそく1か月試してみました。
ちなみに「チクナイン」は一か月6,400円(税抜) です。高い。。

効果のほどをわたしはあんまり感じることはありませんでした。
薬を服用している期間は、やたらと鼻水や膿みが出るようになりましたね。
「鼻の中の膿みを出し切って、蓄膿症(副鼻腔)を治す薬なのかなあとわたしは勝手に思ってました。

3か月ほど試してみて、正直効果が表れないと感じたし、値段も高いので「チクナイン」を試すのは止めました。

ここから、しばらく治療を考えながらもクリニックに通うことなく過ごしていると、来ましたコロナショック。
コロナウィルスの影響でマスクをつける機会が増えましたよね?
ええ、マスクをすると自分の口臭がダイレクトにわかるんです。
「こんな臭いにおいを周りにまいていたのか」「自分はこんな臭かったのか」と本当にショックを受けて今回は思い切ってクリニックに行くことにしたのです。

とりあえず、この章で言いたかったことは「チクナイン」は効果がない、そして高いということ。

耳鼻咽喉科 安野医院で診療してもらう

耳鼻咽喉科 安野医院を選んだきっかけはGoogle mapの口コミから。
自宅付近にもいくつか耳鼻科があったのですが、その中でも特に口コミが高かったのと、コメント欄で「先生の手際が良い」と書かれているのを見て、ここにしようと決めました。

耳鼻咽喉科 安野医院は平日、土曜日も開いており、予約なしでも診療を受けることができるクリニックです。
受付をすませ、少し待っていると診察室に通されます。
男性のお医者さんが一人で何人もの患者さんをスムーズに診療していました。
クリニックって待ち時間が長いイメージがありますが、耳鼻咽喉科 安野医院は本当にあれよあれよという感じで、診察・治療が行われています。
先生や看護婦さんの手際がとても良いです。

初診でどのような症状化を伝え、鼻の調子を見てもらうと、「粘膜がとても腫れている。アレルギー性の鼻炎もあります」とアレルギーの話もする前に見抜かれました。
いつから蓄膿症の症状が続いているのか伝えた後、鼻の洗浄を行い、もう一度診察していただき、「治療が好きな先生ならば手術を行いますが、わたしが見た感じ薬で徐々に治療を行うことも可能なので、1年ほど時間をかけて治していきましょう」と言われました。

1年以上放っていたので、手術をしなければ治らないと思っていたので、この時は本当にホッとしました。

現在どのような状態で、症状を引き起こしているのか、服用する薬の説明を受け、この日は、薬を出していただいて帰宅。

薬は飲み薬を三種類、鼻に流し込む薬を2種類を1週間分で4,500円ほどでした。正直高いと思いました。

そして、この一週間どのような感じだったかというと、クリニックに行った次の日から症状が良くなったのが実感できました。
朝起きた時の口の中の痰や膿みの量が明らかに減ったのです。
さらに、これまで毎日大量に使っていたティッシュを使わなくなったことが大きな変化でした。
その次の日はさらに膿みが減っていき、口臭は自分でも気にならなくなりました。
一週間でマスクを長時間付けていても、朝起きた時も口の臭いが気にならなくなったんですよ。
本当に驚きです。

「チクナイン」を試したときと全然違います。

そして、一週間が経ち二度目の診療の日。

診察台でこの一週間の変化を伝え、先生に再診を行ってもらうと、「鼻の中のポリープが大分小さくなっているし、粘膜も炎症を起こしていない。ただ油断は禁物だからこれからもしばらくはお薬を試しましょう」とのこと。
蓄膿症(副鼻腔)とアレルギー性鼻炎を同時に治療してもらっていたんです。
今回は飲み薬2種類と鼻に流し込む薬が2種類の2週間で1,500円ほどでしたね。

そして、現在2週間目が経とうとしているのですが、わたしは蓄膿症に悩まされていません。
朝も晩も快適に過ごすことができていますし、長時間マスクをしても臭いなと感じることもなければ、マスクが臭くなることもありません。

もう本当に現在は毎日快適に過ごすことができています。

先生と看護婦の皆さん、本当にありがとうございます。

耳鼻咽喉科 安野医院の詳細情報

診療時間午前9時~午後12時、午後5時~午後7時 ※土曜日は午前9時~午後1時
定休日日曜日
電話番号075-255-3975

わたしは土曜日しか行くことはないのですが、予約はインターネット上からすることができます。

また、予約をしない場合でも、ほかの患者さん方の間に見ていただくことが可能です。

これまで2度とも予約なしで診ていただきましたが、待ち時間はほとんどありませんでした。

蓄膿症(副鼻腔)の治療とニキビは関係がある?

わたしはよく顔にニキビができたり、炎症を起こします。よくというか毎日です。
これまでいろんな治療を試してきましたが、何をしても改善されることはなく、もうこれは自分の体質だから受け入れよう、とこれまで生きてきたのですが、蓄膿症(副鼻腔)を治すために耳鼻咽喉科 安野医院で診療を受けてから、一度もニキビができていません。
これは、ある意味蓄膿症(副鼻腔)の症状が良くなったことより、わたしにとっては幸せなことです。
どのような関係があるのかわかりませんが、わたしのコンプレックスも改善されているようで何よりです。
また、次回診療を受けるときにでも質問してみようと思います。

おしまいに

いかがでしたでしょうか。
わたしと同じように蓄膿症(副鼻腔)で悩まれる方がいれば、ぜひ耳鼻咽喉科 安野医院で診療を受けてみてください。
市販の薬を試すより、専門の先生に診てもらうほうが絶対に良いです。
わたしは身をもって蓄膿症(副鼻腔)の辛さと、クリニックでの診療を体験しているので自信を持っておすすめさせていただきます。
一日でも早く治りますように。
最後までお読みいただきありがとうございました。
まめたこ(Mametako)