京都が舞台のおすすめ恋愛漫画・日常漫画6選

京都は観光地として日本だけでなく海外でも人気。歴史ある風景に、日本の文化が息づく街として魅力に感じる方が多いです。

そんな京都を舞台にしたおすすめの恋愛漫画・日常漫画をまとめましたので、京都好きで漫画を探している方は、ぜひご参考になさってください。

印伝さんと縁結び

縁結びの神様を祀るという京都の名家「印伝家」の御曹司織之助と平凡な大学生美山くくりが不思議な縁で結ばれて結婚に向けて一緒に過ごす日々を描くほのぼの恋愛漫画。
恋愛不器用な織之助とくくりの日常が描かれた漫画で読んでいるとほんわかする気持ちになりますよ。

路地恋花

京都には、製本家や銀細工師、キャンドル作家に画家といった、職人や芸術家たちが集まって暮らす「ふきこ路地」があります。ものづくりに携わる方たちが織りなす、ほっこりと温かい恋愛ストーリーを一話完結形式で描いた作品です。1話完結なので、長編漫画が苦手な方でもサクッと読むことができます。

福家堂本舗

京都は東山区にある創業450年の伝統をもつ老舗和菓子屋「福家堂(ふくやどう)」漫画の舞台。福家堂には三姉妹がおり、しっかりものの長女・雛、自由奔放な次女・あられ、天然の三女・ハナ。

ある日、銀行員の御曹司・桧山が雛にプロポーズをしたことから、跡継ぎを巡って波乱の日常が始まります。性格の違う三姉妹の恋模様を描いたヒューマンドラマ。
老舗和菓子屋の伝統という重圧や、京都の流儀・しきたりが細部まで描かれているので、京都らしさを存分に感じることができますよ。全7巻。

おはようおかえり

几帳面な京都男子・堂本 一保(かずほ)には、2人の姉がいてどちらもとても綺麗。

そんな2人と一緒に育ってきたので女性に対しての興味は薄く、求める女性の理想は高い。現在をお付き合いしている年下の彼女は可愛いけれど、どうにも気持ちが伝わっていない様子。

果たして、理想な女性は現れるのか、、、という京都に暮らす社会人男性とアラサー女子のリアルを描いた漫画。The草食系の主人公がいい味だしてます。

大人ならではのほろ苦いラブストーリーも見どころ。

ことこと かるてっと

京都のはずれにある大学の女子寮『れんげ寮』で暮らすことになった女子4人。その中の1人、音を見ることができる共感覚者である野原蓮華を中心に性格も趣味もバラバラの4人の姿を描く漫画。

ひょんなことからとある秘密を共有することになって、次第に親しくなっていく様子はレトロでほんわかした絵柄が素敵。京都で暮らす乙女たちの青春SFストーリーとなります。

古都こと

恋愛が苦手な男女の、絡まる運命を描いた京都が舞台の切ない青春物語です。漫画は男女両方の視点で描かれており、男性も女性も楽しめます。

純粋無垢な乙女心を描いた『チヒロのこと』は女性視点。不器用でひねくれた男心を描いた『ユキチのこと』は男性視点。

どちらから読んでも面白いですが、女子目線の『チヒロのこと』から読むとその後の男性目線がより心に沁みて感情移入できる気がします。