東京オリンピック開会式のドローンの機種は?インテル製?

インテルはワールドワイドオリンピックパートナーであり、ドローンによるライトショーは、開会式の目玉のひとつとなり、東京2020オリンピックの団結力を強調する表現しました。

東京オリンピック開会式のドローンの機種は?インテル製?

選手団が入場するパレードに続いて、1,824機のドローンが会場上空で複雑な幾何学模様を描き、東京2020の青と白のチェック模様のエンブレムを描きました。

その後、次世代ドローンが再び集合し、巨大な3Dの世界を形成し、開会式で最も目を引く瞬間のひとつとなりました。

ライトショーのアニメーターは、東京2020のクリエイティブチームと密接に連携し、ドローンを開会式の目玉の一つに組み込みました。このライトショーは、世界とアスリートがつながり、結束し、希望を示すことで、共に強くなることを表現する結果となりました。

ライトショーで使用されたインテルのプレミアム・ドローンは、重さわずか340グラム、1ポンドの4分の3以下ですが、エンターテインメント用に特別に設計されており、色に忠実で他に類を見ない明るさと鮮やかさを持つ光を発する4つのLEDを搭載しています。また、リアルタイム・キネマティック(RTK)GPSにより位置精度が向上し、より高解像度のアニメーション、鮮明な画像、よりダイナミックな3Dアニメーションを実現しました。

東京2020で公開されたドローンのテクノロジー

ドローンライトショーは、東京2020オリンピックを史上最も革新的な大会にするために導入した数多くの取り組みの一つで、インテルが担当しました。

ワールドワイドオリンピックパートナーであるインテルは、3Dアスリートトラッキング(3DAT)技術を開発し、いくつかの陸上競技の中継において、これまでにない機能強化を実現。人工知能(AI)とコンピュータービジョンを使用した3DATは、スプリント競技(100m、200m、400m、4x100mリレー、および十種競技/七種競技)において、ほぼリアルタイムの洞察とオーバーレイ映像によって視聴体験を向上させることが可能です。視聴者は、各選手がどの瞬間にピークスピードに達するかを理解し、それぞれの競技でさまざまな場面をより詳しく楽しめることとなりました。

インテルのテクノロジーは、バスケットボールの全試合の高品質なリプレイを提供しました。True Viewは、スタジアムやアリーナの高い位置に設置されたカメラの配列によって、3次元の360°映像を提供しました。

ドローン

応援よろしくお願いします!励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ  にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

この記事を書いた人
Kaoru

京都在住。京都で生まれ、世界・日本を転々とした後5年前から京都に戻り住んでいます。京都が好きで週末はよく観光しています。数年前に京都検定3級を取得しました。京都観光や京都旅行の役立ちそうな情報を発信します。

Kaoruをフォローする
京都観光のお役立ち情報【京都まめ手帖】