脱毛のデメリットは存在するのか?

この記事では脱毛のデメリットについてまとめています。
約3分で読めるので、これから脱毛を考えている方はぜひご参考になさってください。

京都市内で脱毛を考えている方は無料カウンセリングを提供している脱毛サロンをまとめて紹介しているこちらの記事をどうぞお読みください。

脱毛のデメリットと解消方法

脱毛することによるデメリットをまとめました。

費用が高い

脱毛にかかる費用は決して安くありません。気になっている部位だけの部分脱毛でさえも、万単位の費用が必要になることもあります。ですから、全身脱毛になれば数十万円以上かかることはざらになります。

脱毛サロンやクリニックがそれぞれお得なキャンペーンやプランなどを準備しており、支払方法も多種多様なので、自身の経済状況と相談しながら脱毛することが大切です。

脱毛はお小遣い感覚の費用で行うことができない場合がほとんどなので、脱毛する場合は、しっかりと計画を立てて自分が無理しない価格帯で続けられるプランやサロンを選びましょう。

定期的に通う必要がある

脱毛は1度の施術で完了するものではありません。定期的に何度も通うことで効果を実感します。完了するには早くても約1年は時間が必要だと言われています。

わたし達が目にすることができるムダ毛や青髭といった肌の表面に見えている毛は、全身の毛の約3割だと言われています。皮膚の中にたくさんの毛が眠っていることもあり、目が生え変わる周期等に合わせて何度も脱毛を重ねなければならないのです。

完全にツルスベ肌を手に入れる場合は、脱毛サロンでは15回以上、そして医療脱毛なら10回程度を目安に考えておくと良いでしょう。脱毛は週に何度も通うことができないので、1月に1回程度で通うようなイメージを持っておくと良いです。

痛くないことはない

脱毛機器は日々進化を遂げてより快適に施術を受けられるようになってはいますが、どんなに痛みが少ない脱毛も、体調等が影響して少なからず痛みを感じてしまうことがあります。

特に脇やVIOなど毛細血管が詰まっている部位や毛が太くデリケートだと痛みを感じやすい傾向にあります。脱毛する場合は、痛みが全然ないわけではないのでご注意ください。

肌の調子や汗の量が増えたと感じてしまう

脱毛の施術はクリニックやサロンによって異なりますが、主にライトやレーザーを肌に照射して、熱の力を利用して毛の細胞にダメージを与えます。その結果毛が生えてこなくなるのですが、この方法は少なからず肌への負担があります。

人によっては脱毛のライトやレーザーが原因で肌荒れを引き起こしてしまう場合はがありますし、また汗をかく量が増えたと感じる人もいます。脱毛したことが原因で汗が肌を伝っていることに敏感になってしまったり、過剰に脱毛した部位を気にして緊張の汗をかくようになることもあります。

ハイジニーナ(VIO)脱毛にこだわり失敗

脱毛は回数を重ねていくにつれて、もとの状態に毛を戻すことができなくなります。毛をなくしたいから脱毛に申し込むでしょうが、あとから「毛が欲しい」「毛を生やしたくなった」となっても後悔することになります。

VIO脱毛や眉毛脱毛等は脱毛前にしっかりと考えなければなりません。VIO部位をツッルツルにするハイジニーナは、ムレることがないといった理由で若い女性に人気がある施術方法ですが、脱毛後は毛を生やすことが難しくなるのでよく考える必要があります。

まとめ

脱毛には、肌荒れや高額な費用がかかるなどデメリットもあります。一番大きいデメリットのポイントは費用だと思いますが、自己投資だと思いお金と時間をかけて美しい理想の自分になることをわたしは素敵なことだと思います。
脱毛をする際は、自分に負担がないように費用面で計画を立てて申し込みましょう。