アンダーヘアの処理に毛抜きは有効なのか?

このページでは、ムダ毛の自己処理についてアンダーヘアを整えるのに毛抜きを使用してもよいのかどうかを紹介しています。デリケートゾーンの自己処理に関心がある方はぜひお読みください。

アンダーヘアの処理に毛抜きを使うと黒ずみができる?

毛抜きを用いてアンダーヘアの毛を無理やり抜いてしまうと、黒ずみが残る場合があります。これは毛周期が関係あります。毛が成長して抜け落ちるサイクルに関係なく毛抜きで抜いてしまうと毛穴を傷つけてしまいます。その結果、傷ついた毛穴はかさぶたを貼り傷を治そうとするので、毛穴がふさがれてしまうことで、毛が肌の表面に出てこなくなり、黒ずみとなってしまいます。
この黒ずみは下着の摩擦を受けることでメラニン色素が発生して、排泄されず沈着してしまいより色が濃くなってしまうこともあります。

どうしても毛抜きを使って処理したい場合

毛抜きを使用するタイミング

どうしても毛抜きを使用してアンダーヘアの毛抜きをする場合は、清潔にした状態で温めてから行いましょう。行うタイミングとしては入浴時がおススメです。温まると毛穴が開き、皮膚も柔らかい状態となり毛抜きを使用しても毛穴を傷つけるリスクを抑えることができます。

毛抜きを使用して毛を抜く方法

毛を抜く際は、毛の流れに逆らわないよう抜くのがポイントです。さらにある程度の長さの毛だけを抜くことで毛穴に優しく処理することができます。短い毛を抜こうとすると、肌に毛抜きをグッと押し付けることになり、それが刺激となってしまいます。
毛抜きでアンダーヘアの処理を行った後は、ヒリヒリとする場所があるかもしれません。その場合は、炎症を抑える目的で氷やアイシングを用いて冷やすことが大切です。

毛抜き以外のアンダーヘアの処理方法

毛抜きをしようして毛穴を傷つけるアンダーヘアの処理は正直おすすめできません。
もし、アンダーヘアの処理を行う場合はお肌への負担や刺激が少ない以下の方法がおすすめです。

デリケートゾーン専用のカミソリを使用する

デリケートゾーン専用のカミソリを使用してアンダーヘアを処理する方法です。クリームをつけて肌への刺激を抑えながら、そして毛の流れに逆らわずに剃りましょう。直接見えづらい部分を整える場合は、鏡を使うと剃りやすいです。
カミソリを使用しても黒ずみになる可能性はあるのでご注意ください。

電気トリマーを使用する

カミソリである程度アンダーヘアを整えることができれば、毛の量や長さを調整するのに電気トリマーを使うのがおススメです。黒ずみが気になる方は、トリマーで毛の量を調整することで、アンダーヘアを整える方法がおススメです。

アンダーヘアを残そう

アンダーヘアを全てなくしてしまうことはおすすめしません。確かに見た目がツルツルできれいにはなりますが、黒ずみになるおそれもありますし、大切な部位を守る役割もあります。下着からはみ出ない程度に毛を整えるのであれば毛抜きを使用しなくとも大丈夫だと思います。

もし、アンダーヘアをきれいに脱毛したいと考えているのであれば、脱毛サロンなど専門知識を備えたスタッフや医師に話を伺い施術を受けましょう。京都の脱毛サロンでは、無料で脱毛のカウンセリングを行っている脱毛サロンもあります(詳細情報はこちらからご確認ください。まとめています。)。

アンダーヘアの処理後のケアについて

毛抜きを使って整えていなくとも、できケートゾーンの処理後のケアはとても大切です。十分に保湿して肌をしっかりとやすませましょう。普段から保湿は行うべきですが、抜いたり沿ったりした日はより丁寧にお手入れすることを心がけてくださいね。また、処理後のケアですが、清潔さを保ち雑菌が入らないようにすることはもちろん、処理してから数日間はしっかりとローションやクリームで保湿してください。何もせずに放置してしまうと、お肌のターンオーバーが乱れてしまうおそれがあり、黒ずみができやすくなってしまいます。

下着の摩擦にも気をつけましょう

アンダーヘアを処理した後は、デリケートゾーンがいつも以上に敏感となっています。ですからちょっとした刺激で、かゆみや乾燥、黒ずみができやすいです。身につける下着も摩擦の少ない下着を選び、締め付けすぎない綿製の物が最適です。

まとめ

デリケートゾーンを毛抜きで整えると黒ずみができる原因となります。アンダーヘアを処理する場合は、毛穴にできるだけダメージを与えない方法を選択しましょう。キレイにお肌を守りながらアンダーヘアを整えたい場合は、毛抜きを使用せずに、脱毛サロンやクリニックで相談してみましょう。