家庭教師 選び方

この記事では家庭教師の選び方を紹介します。失敗しない家庭教師の選び方についてポイントをおさえて徹底的に説明します。子供の成績を上げたい等家庭教師を検討している場合はご確認ください。

失敗しないための家庭教師を選ぶポイント

個人/業者なのか

個人で活動されている人と企業に所属している家庭教師の2種類に分けることができます。

個人で活動する家庭教師

個人で活動している家庭教師は会社を通して仕事を受けることがないので、その分学習費用が安くなる場合があります。しかし、経歴や実績を偽って仕事を受けたりしている家庭教師もおり、詐称によるトラブルが起こってしまう可能性もあります。

そのため、契約を結ぶ際は、口頭だけで経歴や実績を説明して毛だけではなく、学歴や実績の照明書類を提出してもらうと良いでしょう。

業者で活動する家庭教師

業者に雇われている家庭教師は、雇われる際に面接や試験を通過していますので、信頼できますし、各教材に精通している先生に安心して教わることができます。

ただし、その分費用が高くなることがあるので、事前にお願いする前にしっかりと確認することが大切です。

子どもとの相性

家庭教師に十分な実力と実績があったとしても、こどもと相性が合わなければ、効率よく学習を行うことにストレスを感じてしまい、負担を抱えてしまうこともあります。

例をあげると、雑談を交えながらコミュニケーションを積極的に取りながら教えるスタイルの先生と、どんどんと学習内容を進めてほしいと考える生徒であれば、不満を抱くでしょうし、話すのが苦手な生徒であれば話しかけられることでしんどくなってしまうかもしれません。

家庭教師の場合は子供の保護者が直接家庭教師に伝える必要があります、ですから、経歴や実績のみで家庭教師を判断することなく、体験授業などを受けて、事前に子どもとの相性をみきわめるようにしましょう。

学歴と指導力は関連しない

学歴が高いからといて学習指導が上手だというわけではありません。なぜなら、学歴が高いとこれまで勉強でつまづいたことがない倍は、勉強がわからない生徒について理解できないことがあるからです。

一方で、学歴が低くてもこれまでに勉強でつまづいた経験がある家庭教師であれば、解決策を提案するだけでなく、生徒がどのような点で悩んでいるかを一緒になって考えてくれる可能性が高いです。