脱毛に行くときのおすすめの服装

脱毛を受けに行くとき、どのような服装で行こうか迷うことはありませんか?基本的に脱毛を受けに行くときの服装は何でもOKなのですが、これから施術を受けてお肌がとても敏感な状態になることを考えれば、服装にも気を使いたいところです。この記事では、脱毛を受ける際におすすめの服装を紹介しています。

脱毛の施術を受ける際の服装

脱毛サロン・クリニックを訪れる際は基本的に何を着ていっても大丈夫です。なぜなら、施術の前に着替えていることが一般的だからです。施術時には自分の服を脱いでしまうので訪れる際の服装は何でも良いわけです。

ただし、100%着替えが用意されているサロンやクリニックばかりではないので、不安な場合は事前にカウンセリングや電話などで聞いていくと良いでしょう。

基本的に施術の際は用意された服に着替えるので、自分で着替えを持って行く必要はありません。

また、脱毛する部位によってはすでに服で隠れていない腕などの場合、着替えなくても良いというサロンやクリニックも存在します。腕やひざ下など着替える必要がないと判断された場合は着替えなくても施術を受けることができます。

ただし、脱毛する部分が露出していたとしても、着替える決まりがあるところもあるので指示に従って施術を受けましょう。

下着はどうするのか

脱毛の際に気になるのは下着問題です。部位によって身につけるかつけないか異なっていますが、下着は施術に支障がない場合はつけていても問題ありません。

例えば、脇を脱毛する場合は、大半の脱毛サロン・クリニックではキャミソールやベアトップ型の服に着替えます。下着はつけていてもこの場合は支障がありません。ただし、施術を受ける脇に下着が被っている場合は外す必要があります。

もし、自分で判断できない場合は、施術前に下着をどうすればよいのかスタッフにたずねてみると良いです。脱毛初心者の方やお店を変えた場合は、ルール等わからないと思いますので積極的に質問しましょう♪

脱毛に行く際の服装ポイント

脱毛の施術を受ける際の服装については説明しました。ここでは脱毛の前後を踏まえた上でおススメの服装を紹介します。

脱ぎやすい服装

脱毛に行く際は脱ぎやすい服装がおススメです。なぜかというと、脱毛するにあたって時間制限があるところが多いからです。脱毛の施術時間と着替え時間が含まれている場合はできるだけ早く着替えて、少しでも長く脱毛を受けるよう促されるところもあります。

クリニックやサロンによっては、着替える場所が共用の場合、部屋の混雑を避けるためにも早く着替えて施術を受ける必要がある場合もあります。
できるだけスムーズに施術を受けられるよう、脱ぎやすい服装で訪れるといいでしょう。

肌に優しい素材の服装

脱毛を受けた後はお肌が敏感になっています。人によって状態は異なりますが、光やレーザーでムダ毛を処理した直後のお肌は熱によるダメージを受けている状態となり少しやけどをしているような感じです。

ヒリヒリしたり敏感になっていることがあるので、服装はできるだけお肌に優しい天然素材の服がおすすめです。肌を包み込むような優しい手障りの綿やシルク素材のものをおすすめします。

紫外線から守る服装

脱毛を受ける場合は、冬でも夏でも長袖の服装をおすすめします。
施術を受けることで軽くやけどをしている状態だとさきほどお伝えしましたが、施術後の帰宅中に強い日差しを浴びてしまうと、熱がこもっているお肌にさらに熱の力が加わることになり、ヒリヒリや痛みが強くなってしまうおそれがあります。

施術前から紫外線を受けないように気をつける意味でも長袖で脱毛に行く必要があります。日焼けしてしまって脱毛に訪れた場合は、断られることもあるので注意が必要です。

綺麗なつるっとしたお肌になりたい場合は、長袖を着用して紫外線から守りましょう。どうしても熱い夏場で長袖が無理だという場合は、日傘やアームカバーを使って紫外線から守りましょう。

蒸れない素材の服装

脱毛を受けた後、厚手の服装を着ているとお肌が熱を持っている状態なので蒸れてしまい刺激を与えてしまうことがあります。

特に夏場は汗をかいて肌へのダメージが大きくなることが考えられるので、通気性に優れた素材の服をおすすめします。

注意としては、冬場脱毛に通う際は、ヒートテックは着ないように気をつけてください。通気性は良いのですが、必要以上に水分を吸収してしまうので、乾燥してお肌に負担を与えてしまう可能性があります。

上下で分かれている服装

脱ぎやすい服装と理由は同じです。脱ぎやすいことはもちろん、施術を受ける部位によって非常に便利だと言えます。ワンピースなど上下が繋がっている服を着ていると脇脱毛の場合でも全て脱がなければいけなくなります。

注意したい服装

脱毛を受ける際に注意したい服装を紹介します。

露出度が高い服装

上記で紹介しましたが、脱毛直後の肌がダメージを受けている状態で非常にデリケートです。肌トラブルを避けたい場合は、日に当たるような露出度の高い服装は避けましょう。

タイツなどお肌に密着する服装

タイツやストッキングはお肌を締め付けてしまうので、蒸れてお肌へ負担を与えてしまう恐れがあります。さらに素早く着替えるには不向きなので、脱毛に行く場合はおすすめできません。

まとめ

脱毛に行く際は、施術を受ける際の服装を気にするよりかは施術前後のことを考えて、お肌の負担を減らせる、紫外線を防ぐ服装を考えると良いでしょう。

自分ではどういう服装か考えられない場合は、施術前に一度サロンやクリニックを訪れてカウンセリングを受けて質問すると確実です。

実は京都には、無料でカウンセリングを受けられる脱毛サロンがいくつもあります。こちらに無料カウンセリングを提供している脱毛サロンをまとめているのでぜひご確認ください。

美しいお肌を手に入れるために服装選びもきにかけましょうね♪