JR京都駅から天龍寺までの行き方(市バス・電車・タクシー)

京都駅から天龍寺までの行き方京都アクセス

「京都駅から天龍寺へのアクセス方法が知りたい」
「天龍寺への交通手段(市バス・電車・タクシー)の料金や時間が知りたい」

という方におすすめです。

この記事では、


◆京都駅から天龍寺へのアクセス方法(市バス・電車・タクシー)
◆料金と所要時間
◆メリット・デメリット


についてご紹介しています。ご参考になさってください。

京都駅から天龍寺への行き方は?

京都駅から天龍寺へのアクセス方法

 

夢窓疎石が作庭した曹源池庭園で有名の世界遺産指定されている天龍寺。

嵐山を借景に造られた庭を伽藍(お寺の建物)から眺めていると、時間を忘れて見入ってしまいます。

そんな天龍寺へ京都駅からは市バス・電車・タクシーといった3種類の交通機関を利用した方法で行くことができます。

それぞれ順番にご紹介させていただきますね。

京都駅から天龍寺へ市バスでの行き方(約50分)

京都駅烏丸口バスターミナルから天龍寺前まで直通の市バスが運行しています。

乗車時間が長いということは進む距離も長いので道路が混雑していれば、これ以上に時間がかかる恐れもあるのでご注意ください。

市バス28号系統は京都駅から20分に1本程度の間隔で走っています。

◆乗車バス停:京都駅バスターミナル(D3乗り場)
◆乗車バス:市バス28号系統(大覚寺行)
◆降車バス停:嵐山天龍寺前
◆乗車料金:230円
◆所要時間:44分

最寄りバス停「嵐山天龍寺前」から天龍寺への行き方(約30分)

バス停の名前通り、天龍寺の前で降車することができます。

◆降車バス停:嵐山天龍寺前
◆バス停「嵐山天龍寺前」から天龍寺へ徒歩での所要時間:約4分

京都駅から天龍寺へ電車での行き方(約30分)

京都駅から嵐山に行くなら最寄駅「嵯峨嵐山」まで直通のJR嵯峨野線を利用するのをおすすめします。

普通電車も快速電車も停まるのでどちらかに乗車してくださいね。電車は10分〜15分間隔で走っているので、待ち時間もかかりません。

◆乗車駅:京都駅(32/33番プラットホーム)
◆乗車電車:JR嵯峨野線 園部・亀岡方面行
◆降車駅:嵯峨嵐山駅
◆乗車料金:240円
◆所要時間:12分〜16分

また、乗り換えが必要になりますが嵐電(らんでん)と呼ばれる路面電車(嵐山本線)が四条大宮駅から嵐山駅まで走っているのでローカル感を楽しみたい方はぜひそちらを楽しまれるのもいいと思います。

それと阪急電車で嵐山に行く方法ですね。

嵐山の桂川に架かる渡月橋を渡り、嵐山入りをしたい方にはおススメのアクセス方法。

コチラが一番ポピュラーな方法かもしれません。

京都駅から天龍寺へタクシーでの行き方

京都駅烏丸口から右に向かって進むと大きなタクシー乗り場がありますので、簡単にタクシーを捕まえることができます。

天気が悪い日や、道に迷わず天龍寺に到着したいと思う方にはタクシーでの移動もおすすめします。

ただし、観光シーズンなどの繁忙期には道路が混雑して乗車料金が高くなり、移動時間も大幅にかかる恐れがありますのでお気をつけください。

◆乗車場所:京都駅烏丸口タクシー乗り場
◆乗車料金:約30分
◆所要時間:約3,700

目的別にアクセス方法を選びましょう

渡月橋から嵐山の景色を眺めたい方は嵐山駅(阪急)に下車することをおススメします。

阪急の嵐山駅から、観光の中心地や竹林の古径に向かうためには渡月橋を渡るのでその時に写真撮影を忘れずに。

また、渡月橋付近には嵐山の人気観光スポットのひとつ嵐山モンキーパークもあるのでチェックしてみてください。

そして、お子さんや家族と嵐山観光をする方、駅から観光地まであまり歩きたくない方は嵐山駅(嵐電)を利用してください。

嵐山駅(嵐電)から出れば、両脇にお店が並ぶ嵐山のメインストリート、そして数分歩けば天龍寺の入り口があります。

竹林の古径や二尊院などは少し距離がありますが、それでもこちらから観光を始めると歩く距離が少しは減りますよ。

京都アクセス

応援よろしくお願いします!励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ  にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

この記事を書いた人
とうふ&わかめ

京都在住の社会人カップル「とうふ」と「わかめ」が京都観光・旅行のお役立ち情報を発信しています。お休みの日、京都で出会ったちょっとした幸せや京都観光、京都生活の参考になりそうな情報をゆるっとシェアします。ゆるりまったりと気ままに更新。記事作成やお店紹介などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

とうふ&わかめをフォローする
シェアする
京都観光のお役立ち情報【京都まめ手帖】