京都観光ができない時のオススメ!

通勤/通学時間に楽しめます♪

おすすめのドローンまとめ

おすすめのドローンをまとめました。

スポンサーリンク

200グラム以下のドローン

200グラム以下のドローンは、「トイドローン」と呼ばれており、子どもでも気軽に操縦や空撮を楽しむことができます。

操縦するために免許を取得する必要もないので、空港周辺や一定の高度を超えなければ、家の敷地や飛行練習場などで操縦可能。

初めてドローンを買おうとしている方におすすめ。

200グラム以上のドローン/空撮ドローン

200グラム以上のドローンで高性能カメラなどを搭載しているタイプは「空撮ドローン」と呼ばれています。通信距離が長いので、遠くから広大な景色を撮影したい時に最適。

映像制作のためなどで、活用したい方におすすめ。わたしは、お寺で操縦しているところを何度か見かけたことがあります。

200グラム以上のドローンを操縦する場合は、航空法が適用されますので、事前に国土交通省の許可を取り、飛ばすエリアの航空ルールを確認することが必要となります。

超小型のドローン

非常に小さいドローンで、誰でも簡単に操縦することが可能です。手のひらに乗るサイズなので、持ち運びしやすいです。超小型のドローンの中には、高性能のカメラが備えられているものや、耐久性に優れているもの、そしてプログラミングができるものなど種類が豊富。

プログラミングの基礎を学ぶのに活用できることもあり、子どもへのプレゼントとして人気です。

大型のドローン

大型のドローンは、一般的に以下の2つの目的で利用されています。

・業務用の場合…建設現場での測量や農業での農薬散布、映画撮影など
・個人の場合…本格的な空撮

大型のドローンは、値段も高くなります。また操縦するにも相当のレベルが必要となりますので、個人で使用される機会はほとんどないでしょう。大半の場合は、業務用として使用されています。

大型ドローンの定義は、体格寸法が700mm〜1400mm、機体重量が3キロ〜20キロとなります。

レーシングドローン

ドローンを使用したモータースポーツ「ドローンレース」で使用されるドローン。

こちらは、日本ではまだまだ認知度は低いですが、海外では大変人気で盛り上がっています。

日本ドローンレース協会は、1年を通して大会のスケジュールを発表して参加受付もしています。

ドローンレースは、現在ルールがまだ統一されていないこともあり、大会やレースごとに最適な機体が様々。自作のドローンで大会に出場する場合もあれば、市販のドローンを買ってそのまま参加できる場合もあります。

初心者の方でも、すぐに大会に参加できることがあるので、興味がある方はドローンを購入して、日本ドローン協会のホームページをチェックしてみるといいでしょう!