京都観光ができない時のオススメ!

通勤/通学時間に楽しめます♪

嵐山の竹林について

京都市の右京区にある嵐山は自然豊かで四季折々の景色に出会える場所としてとても人気の観光スポットです。お寺や神社もいくつもあるので京都らしい観光や旅行を考えている方におすすめ。

そんな嵐山には、魅力的な観光スポットがたくさんありますが、その中でも代表的な観光スポットの一つ「嵐山の竹林」についてご紹介します。

竹林の営業時間や拝観料など、どの時間帯がおすすめかなど役立つ情報をまとめました。ぜひ、京都嵐山観光のご参考になさってください。

スポンサーリンク

嵐山竹林の営業時間は?

嵐山の人気観光スポットとして上位にランクインする竹林は、一部の道路(人力車専用の道路)など以外はいつでも訪れることができます。
竹林の入り口・出口には門などはありません。ですので、決まった営業時間や開放時間がないので、24時間無料で入ることができます。

嵐山竹林を訪れるおすすめの時間帯は?

24時間いつでも入ることができるといっても観光に適した時間帯はあります。
無料でいつでも入れることもあり、嵐山の人気観光スポットであることから基本的に混雑しやすく、時間帯や観光シーズンによっては密になることも。

ゆったり観光したいなら午前9時前を目安に訪れると良いと思います。
嵐山一体のお寺や神社、お店が動き出す前の時間帯なら比較的人が少なく、ゆったりと散策を楽しめます。

また、竹林のすぐ近くには、世界文化遺産に指定されている天龍寺があります。天龍寺は午前8時30分から拝観可能なので、朝早く訪れて竹林を散策した後は、天龍寺を訪れるのもおすすめですよ。

この時間帯は外したい!のはいつ?

嵐山のお土産屋さんや飲食店は、午前11時ごろから営業開始するところが多く、大体午後6時あたりにはお店が閉まっているイメージです。お寺や神社も通常であれば夕方ごろに閉ます。

観光客もその時間帯に合わせて訪れることが多いので、昼前から夕方の時間帯は嵐山全体が混み合いやすくなります。ですので、その時間帯に竹林を訪れると混雑している可能性が高まります。

夜はどんな感じ?

夜間の竹林の雰囲気は、暗くそして怖いです。
明かりもほとんど灯っていないし、近くに住宅街もありませんので人通りもほとんどないです。風が吹くと笹がサーーーーっと音を奏でますが、夜より日中に訪れることをおすすめします。

景色もほとんど見えませんし、わざわざ夜中に訪れなくても良いかと思います。

ただし、嵐山では毎年「嵐山花灯路」というイベントが12月に開催されます。その期間は竹林他、様々な場所でライトアップが開催されるので夜に竹林を訪れれば、普段とは違った幻想的な景色に出会えますよ。

竹林の滞在時間はどれくらい?

これは観光に訪れる場所によって変わってきます。
嵐山の観光エリアは広く、いくつかの観光地に訪れる通り道のような感覚を私は持っています。

例えば、天龍寺を訪れてから、常寂光寺や二尊院に向かう際に竹林を通り抜けたりなど。また竹林周辺にも野宮神社や大河内山荘といった観光地があります。