【嵐山】コロナの影響でゴールデンウイークは人がいません

京都ニュース

コロナウィルスの影響で人が少ないゴールデンウィーク中の嵐山を歩く

こんにちは。

わたしは京都に住むまめたこ(Mametako)です。

5月31日まで外出自粛期間が延長されましたね。

今回はコロナウィルスの影響を受けているゴールデンウィーク中の嵐山のようすを写真でご紹介します。

2020年5月4日に撮影しました。

それでは、まいります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回、嵐山散策で歩いたところ

2020年5月4日にわたしが嵐山に到着したのは午後3時ごろ。

今回は特に目的はなくぶらぶらと嵐山を歩いて、自然にふれたいなあと思ってました。

阪急嵐山駅から渡月橋を渡り、竹林を歩いて、体力に余裕があれば千光寺まで歩こう。

そう決めて、阪急嵐山駅を出発しました。

阪急嵐山駅を出発 15:10~


本日は本当にいい天気。

前日には京都の気温が31度を観測したので、今日の服装はシャツ一枚。

それでも暑かった。


小さな川に架かった橋を渡ります。

水の流れる音が気持ち良かった。

ここ最近は、家にいることが多かったので、ちょっとした自然の音に敏感になっているような気がしました。


渡月橋が見えてきました。

コロナウィルスの影響ですね。

橋の上には誰一人いなかったので、ニュースで流れていた嵐山から観光客が消えたっていう情報のは本当だったのか・・・と思いつつ渡ります。


山の緑色が癒される。


祝日にここまで人がいない渡月橋は初めて見ました。


嵐山のメインストリートを歩くとシャッターが目立ちました。

休業しているお店がとても多かったですね。

嵐電嵐山駅 15:25~


嵐電嵐山駅もほぼすべてのお店が閉まっていました。

手前のお店も完全にシャッターが閉じられています。


嵐電嵐山駅構内のようす。

人がいないです。


本来であればにぎわっている時期なのに異様な光景。


嵐山の人気撮影スポットのキモノフォレストも誰もいませんでした。


営業している飲食店ではテイクアウトも行っていました。


今回は拝観しませんでしたが、天龍寺はこのような状況の中でも、拝観可能だったのでしょうか。

本日(2020年5月5日)に知人に聞いたのですが、八坂神社は5月6日まで神社の入り口がロープで閉じられ、境内へ侵入不可能になっているそうです。

この時期は閉まっている観光地がおおいですね。

竹林の古径の入口へ