ともみジェラートでパフェをいただきました

グルメ

この記事では2021年10月に京都のジェラート専門店「ともみジェラート」に行った様子について紹介しています。今回も目的はパフェ「秋のオールスター感謝祭」。

「京都で夜オープンしているスイーツショップを知りたい」
「ひっそり落ち着いたお店でジェラートを楽しみたい」
「美味しいジェラートを京都で探している」

という方におすすめです。

京都のジェラート専門店「ともみジェラート」

「ともみジェラート(tomomi gelato)」さんは、五条通から河原町通を少し上がった西側のビル2階にある隠れ家的なジェラート専門店。京都女子大学近くの東山七条女坂で3年間お店を構えた後、2020年5月に現在の場所に移転されました。

素材を大切にされており、旬のお野菜や果物で仕立て上げるジェラートは素材本来の味を楽しめると評判です。

現在は週4日間(土曜日〜火曜日)に営業されています。コロナ渦で時短営業のため午後8時までの営業となっていますが、本来は午後10時までオープンされています。

  • 店名:ともみジェラート(tomomi gelato)
  • 住所:京都府京都市下京区植松町731 2F
  • 電話番号:-

x
清水寺出口でただただ池を眺める 2021年4月2日
 

店内

店内には2人がけのテーブルが窓際に2つ、カウンター席が4席あります。壁部分はほとんど窓となっているので日中は日が差し込む開放的な空間になるだろうなと思います。

ウッド調のナチュラルなインテリアは暖かい印象。どこで写真を撮っても映えそうなそんなおしゃれなイメージを受けました。

メニュー

ともみジェラートのメニューは週替わりです。京都産の食材だけでなく全国各地から選りすぐりの食材を集められて美味しいジェラートにされています。

メニューは手書き。ジェラート以外にもドリンクとパフェも提供。今回の目的は「パフェをいただくこと」。ともみジェラートさんはビリヤニ専門店「INDIA GATE」といったお店とコラボしたパフェを提供されており、今回は立命館大学衣笠キャンパスにある焼き芋専門店「芋と野菜」とコラボした週替わりパフェ「秋のオールスター感謝祭」を提供されていました。

わたしたちがいただいたメニュー

今回わたしたちがいただいたメニューを紹介します。

本日のパフェ「秋のオールスター感謝祭」

いくつもの層になっており、さつまいもや栗、タイティーやりんごなどいろんな味が楽しめました。パフェというと生クリームがたっぷりのイメージですが、こちらのパフェは生クリームが使用されてしようされておらずわたしの中のパフェの概念が変わりました。

ジェラート「蓮台寺柿」

初めてジェラートをいただいたのですが、一口食べると口いっぱいに柿の味と香りが広がりました。ジェラートってアイス感が強いのかなあと思っていましたがそんなことはなく、柿本来の味がグッと詰まっていて「こんなに味がしっかりしているんだ」と驚きと美味しさで言葉が出てきませんでした。

ジェラート「ハロウィンスイート」

カフェ&バー芋と野菜とのコラボメニュー。さつまいも本来の味を感じることができました。

おしまいに

どのメニューも美味しくいただきました。ジェラートもパフェもそれぞれとても美味しくてあっという間に食べてしまいました。ともみジェラートさんの店内は暖かく、ジェラートと共に白湯を入れていただき、寒い日でしたが暖かな空間とおもてなしで快適で幸せな時間を過ごすことができました。

インスタグラムで最新情報を更新されているので、行く前に「今週は何かな?」とチェックすると良いかもしれません。なんといっても週替わりですから、自分が好きな食材を使用したジェラートやコラボメニューなど気になるスイーツが見つかるはず!ぜひ、お店情報をチェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

グルメ

応援よろしくお願いします!励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ  にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

この記事を書いた人
とうふ&わかめ

京都在住の社会人カップル「とうふ」と「わかめ」が京都観光・旅行のお役立ち情報を発信しています。お休みの日、京都で出会ったちょっとした幸せや京都観光、京都生活の参考になりそうな情報をゆるっとシェアします。ゆるりまったりと気ままに更新。記事作成やお店紹介などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

とうふ&わかめをフォローする
シェアする
京都観光のお役立ち情報【京都まめ手帖】