超辣坦々麺に泣く。完食できませんでした。万豚記(ワンツーチー)京都 錦小路店

グルメ

この記事は、2021年10月に京都市中京区の錦市場の西口にある中華料理店「万豚記(ワンツーチー)京都 錦小路店」で晩ご飯を食べた時の様子について書いています。辛いものが大好きな方のご参考になるかと思います。

「辛い食べ物が大好き」
「辛い食べ物に挑戦したい」
「中華料理が好き」

という方におすすめです。

万豚記(ワンツーチー)京都 錦小路店

万豚記(ワンツーチー)は、際コーポレーションが展開している中華料理屋さんの京都店です。近くに大丸百貨店や錦市場、会社のオフィスが集まっているので、買い物された方や観光客、社会人など幅広い層のお客さんが訪れるお店です。名物は坦々麺。坦々麺の種類が多いです。お会計はクレジットカードが使用できませんのでご注意ください。

  • 店名:万豚記 京都錦小路店
  • 住所:京都府京都市中京区西魚屋町594 錦通 高倉西入ル
  • 電話番号:075-211-3120

 

店内

カウンター席とテーブル席の両方があります。店内の壁やメニュー表には豚のキャラクターの中華風の絵が飾られています。カウンター席に座ると、料理人さんが調理されているところを見ながら食事を楽しむことができます。眺めていると家庭では真似できない火力でボウッと美味しい料理が次々にできていきます。

メニュー

坦々麺や餃子、おつまみなど提供されています。また、中華料理なのにアルコール類の種類が豊富でした。ピリ辛の麻婆豆腐や坦々麺はとても美味しいと評判です。

餃子のメニューがいくつかあり、餃子食べ放題のプランも提供されていました。

一品物の中華料理や坦々麺、湯麺。

炒飯や炒麺、そしてデザート類と提供しています。メニューが豊富なので注文する時はとても迷うと思います。

わたしたちがいただいたメニュー

わたしたちが食べたメニューを紹介します。

バナナ大餃子

比較する対象がないのでわかりづらいですが、写真の奥にあるコップと同じくらいの大きさです。一人2個ずついただきましたが、十分満足のボリュームでした。

排骨坦々麺

排骨坦々麺は、サクサク衣のお肉とピリ辛の坦々麺のコラボレーションで、2021年から提供が開始しました。辛甘なタレ付きのお肉はピリ辛の坦々麺の相性は抜群で、食べ応えも十分!

見た目からは伝わりづらいかもしれませんが、辛さもなかなかで食べていると汗が吹き出してきました。

黒ごまスパイシー炒飯

黒ごまたっぷりの炒飯。本来はスパイシーなのかもしれませんが辛い坦々麺を食べた後に食べたので、本来の味を味わうことができませんでした。排骨坦々麺、超辣坦々麺を食べた後の炒飯は「甘い」と感じるほどでした。。

万豚記のルーローハン

こちらは坦々麺にセットで注文できます。

超辣坦々麺

超辣坦々麺は表面がほぼ唐辛子です。顔を近づけると熱を感じるというか辛さが伝わってきます。スープをひとすすりすると「スープを飲むのは無理」とすぐ悟りました。

麺だけは食べようとしましたが3口でギブアップ。1口目は辛さにジーンとしながら喉に流し込めました。2口目は辛さと痛さで喉が焼けるような感覚になりました。3口目は我慢できないほど口の中と喉が痛辛くなり水をガブガブ飲んで回復を図りましたが、10分ほど何を食べても痛い辛いが続き汗が止まりません。やむなくギブアップ。

店員さんに超辣坦々麺について聞きましたが、作っている時の匂いだけでも辛さが伝わってくるとか、お客さんの中には完食される方もいるそうで、、、。世の中すごい。

おしまいに

わたしたちはどちらも辛い食べ物が好きでこれまでも何度か辛い食べ物に挑戦してきました。辛いけど美味しい!とこれまで残したことはありませんでしたが万豚記の超辣坦々麺は次元が違いました。大人になってから飲食店に行って残したことはありませんでしたが、初めてお残しを経験しました。

もし、超辣坦々麺に挑戦される方はあまり無理しないようにしてくださいねっ。

超辣坦々麺以外は美味しくてボリュームも多くて大満足です!これからもたくさん中華料理を食べたくなった時は行くことがあると思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

グルメ

応援よろしくお願いします!励みになります☆

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ  にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ  にほんブログ村 旅行ブログへ

にほんブログ村

この記事を書いた人
とうふ&わかめ

京都在住の社会人カップル「とうふ」と「わかめ」が京都観光・旅行のお役立ち情報を発信しています。お休みの日、京都で出会ったちょっとした幸せや京都観光、京都生活の参考になりそうな情報をゆるっとシェアします。ゆるりまったりと気ままに更新。記事作成やお店紹介などお気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら

とうふ&わかめをフォローする
シェアする
京都観光のお役立ち情報【京都まめ手帖】