春の京都旅行持ち物リスト

春の京都は、桜の開花もあり、毎年大勢の観光客で賑わいます。

ピンク色に色づいた観光地は、春の特別イベントなどがいくつも開催されて日中から夜にかけて、ガッツリと楽しむことができます。

この時期は、1年の内で一番見どころが満載なので、混雑するデメリットを差し引いても訪れる価値があります。

スポンサーリンク

春の京都府の気温や天気は?

春の京都府の気温や天気の情報を紹介します。

3月の京都府の気温と天気

3月の京都は、春の陽気な日とありますが、寒暖の差がまだまだ続く季節でもあります。朝晩を中心に、日が沈むと冷え込むことがあり、エリアによっては最低気温が氷点下となる日もあるので注意が必要です。

3月の京都府のおすすめの服装は?

朝晩の冷え込みが激しい日も少なくない3月の京都で、快適に旅行を楽しみたい場合は、しっかりと防寒対策をすることをおすすめします。

暖かい日であっても、上に羽織ることができる暖かい上着を着ていけば、朝から晩まで心地良くに過ごすことができますよ♪

3月の京都は夜のイベントが多いので、夜間の外出を考えている場合、上着は必須となります。

4月の京都府の気温と天気

4月は桜の見頃を迎えるので、ポカポカと暖かいまさしく春な日が続くとイメージするかと思いますが、実際は朝と晩は思っているよりも寒いです。

なぜなら、京都は盆地なので、日が出ていない朝や晩は気温が低くなりやすいです。

京都の平均気温は約11度〜17度で、最高気温は約30度そして最低気温は約2度まで下がります。

4月の京都府のおすすめの服装は?

最低気温と最高気温の差が25度以上開いている場合もあるので、サッと羽織れる上着を準備することをおすすめします。

曇りの日には、より寒さを感じることがあるので、トレンチコートや薄手の記事のコートを持っておくとちょうど良いでしょう。

春の京都府の旅行でおすすめの持ち物は?

3月の京都旅行で役立つ持ち物を紹介します。

携帯用空気清浄機

3月は花粉が多い時期なので、貴船神社や嵐山など自然に囲まれた観光地を訪れる場合は、花粉対策が必須となります。

首から下げて使用できる携帯タイプの空気清浄機なら、呼吸空間に見えないイオン空間を作り出して、花粉などといった有害な微粒子から守ってくれます。

花粉対策スプレー

携帯用空気清浄機と同じく花粉対策スプレーも花粉に悩まされている方におすすめ。シュッと服に吹きかけるだけで花粉や黄砂の付着を防ぐことができます。

カイロ

夜のイベントなどを考えている場合は、防寒対策としてカイロがあると寒くて震えることないので安心です。

背中や腰など温めたい部分を選んで使用できる貼るタイプは、旅行中でも手軽に使用できます。

最後に

春の京都は、日中は暖かく心地良い気温となりますが、日によっては暑さや寒さを感じることもあります。

軽く羽織れる上着を持って、寒さ対策をしっかりしましょう。

花粉症の方は、花粉対策も忘れないで!

春の京都旅行を満喫するために、しっかりと持ち物を準備して備えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。