【京都ニュース】パンの消費量ナンバー1は京都市・・ではない

京都の文化

京都はパンの消費量が全国で一番高いは過去の話

こんにちは。
わたしは京都の元ホテルスタッフまめたこ(Mametako)ともうします。

本日、3月3日の私が気になった京都関連のニュースはこちら!

「日本一パン好きなまちは?」住民も驚く意外な市とは 実はウナギでも1位

京都は、パンの店の激戦区。

今出川通りなど人気パン屋さんが多く有名です。

志津屋はめちゃ有名。京都に住んでいる人は必ず食べたことがあるんじゃないかなあ。

京都にパン屋さん巡りに来られた観光客の接客もしたこともあります。

わたしが京都に住み始めたころに聞いたはなし。

「京都は全国で一番パンの消費量が多い」

この話を聞いてしばらく経ちました。

ニュースを読んでみると、どうやら今は京都は一番ではないみたい。

はたしてどこの都道府県が一番パンの消費量が多いのでしょう。

それではまいります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本で一番パンの消費量が多いのは・・・

滋賀県の大津市でした。

わたしは滋賀県に長く住んでいたので、地味にうれしい(笑)

滋賀県の人はパンが好き。

そういえばサラダパンって食べ物もありましたね。

いちばん、意外でしたねー。

滋賀県の有名なパン屋・・・まったく思い出せないです。

最寄り駅のパン屋さんのパンは美味しかったなー。

現在は、全国で有名なパン屋さんが滋賀県で出店しているようで、新しいもの好きの滋賀県の方々がそれを目当てに買ったことで、パンの消費量が多くなったようです。

わたしの新しいもの好きは滋賀県で培われたのかもしれない・・。

とにかく意外な結果でした。

わたしのおすすめのパン屋さんは、京都祇園にあるデニッシュ食パンが有名な「ボロニヤ」

さまざまな種類のデニッシュ食パンがあっておすすめは抹茶味。

祇園にお越しの方はぜひに。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

まめたこ(Mametako)