建仁寺のオリジナル御朱印とご朱印帳

「建仁寺の御朱印とご朱印帳が知りたい」

「御朱印がもらえる場所を教えて」

という方におすすめです。

この記事では、


◆建仁寺の限定オリジナル御朱印と御朱印帳


についてご紹介しています。

ご参考になさってください。

スポンサーリンク

建仁寺の御朱印とご朱印帳について

建仁寺は京都は東山区、京都を代表する花街である花見小路通のすぐ近くにあるお寺で、臨済宗、禅宗のお寺で京都最古。

建仁寺の御朱印

 

この投稿をInstagramで見る

 

まなん.manan (◍•ᴗ•◍)(@ma__n1123)がシェアした投稿

建仁寺でいただける御朱印の種類は1種類となります。

御朱印の中心には拈華堂(ねんげどう)と書かれており、どの建物かというと住職が説法を行う法堂のことですね。

建仁寺の法堂は拝観可能。

道内の天井には108畳分の大きさをした見事な雲龍図が私たちを出迎えてくれます。

法堂に入るのに、追加の拝観料を払う必要はないので御朱印をいただくだけでなく実際に入ってみましょう。

建仁寺の御朱印帳

建仁寺にはオリジナルのご朱印帳がいくつかあるのですが、人気のデザインは2種類になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝕋𝕒𝕜𝕒𝕠 𝕐𝕒𝕞𝕒𝕫𝕒𝕜𝕚(@takao.1979)がシェアした投稿

建仁寺には俵屋宗達が描いた有名な「風神雷神図屏風」が所蔵されていて、その図柄が書かれた御朱印帳。(本物は博物館で保管されていますが、精巧なレプリカは建仁寺の建物内に展示されており、近くで撮影することも可能。)

そして方丈の襖絵「雲龍図」

黒と白のみで描かれていますが、躍動感があり、鋭い眼光はまるで本当に生きている様に見えます。とても迫力がある雲龍図は直接触れることはできませんが、近くで眺め写真をとることが出来ます。(こちらも精巧なレプリカで、本物は博物館に保存されています。)

建仁寺の寺紋が描かれているシンプルな御朱印もありますよ。

御朱印と御朱印帳を頂ける場所

どちらも拝観受付所でいただくことが出来ます。

拝観料をお支払いする際に、ご朱印をいただきたいとお伝えするとスムーズにいただくことができるでしょう。

建仁寺の建物は広く、雨の日でも不自由なく楽しめる場所なので大変人気なお寺です。

建仁寺の詳細情報

住所:京都市東山区大和大路通四条下る小松町

拝観時間:10:00~17:00

拝観料金:一般/600円

     中高生/300円

     小学生/200円

     ※小学生未満のお子様は無料

お問い合わせ:075-561-6363

公式ホームページ:https://www.kenninji.jp/

最寄駅(バス停) :市バス「東山安井」下車徒歩6分

       :京阪電車「祇園四条駅」より徒歩7