【錦市場ランチ】八百屋が直営店いけまさ亭の日替わり定食

おばんざい

「錦市場でランチを食べる場所を探している」

「京都で京野菜を食べたい」

という方におすすめです。

ご参考になさってください。

京の台所として地元の方に親しまれている「錦市場(にしきいちば)は観光される方にも大人気で、毎日賑わっています。

こちらの商店街にはおよそ130店舗が通りの両脇に並んでいます。

雑貨から食材、お土産まで大半の京都のものが揃うと言われており、わたしは休日よく歩きます。

スポンサーリンク

八百屋池政が経営するいけまさ亭

今回ご紹介するのは、錦市場で1951年に創業された野菜専門店「八百屋池政」が営むいけまさ亭。

季節の京野菜をメインとしたおばんざいが楽しめるお店です。

おばんざいとは家庭料理のことで、愛情がこもった美味しいお料理をいただけます。

「野菜の本当の味を知ってもらいたい」という思いで始められたいけまさ亭は、昼も夜も営業されています。

今回はランチを食べに行ってきました。

いけまさ亭のランチ「月替りの定食」

提供されているランチメニューは2つあり、月替り定食とかき揚げ丼のセット。

訪れる前はかき揚げ丼を頂こうと思っていましたが、月替りの定食に気持ちが揺らぎ、そちらを注文。

訪れた月は8月、ハモが定食に含まれていましたよ。

定食の献立は京野菜を中心としており、旬に合わせて献立が変わります。

いろんな野菜が一番良い状態で味わえるのはいいですね。

夜は居酒屋として営業

いけまさ亭は夜も営業されていて、夜は単品からおばんざいを注文することができます。

錦市場の大半のお店は18時ごろから締まり出して、夜に営業されているお店は少ないので、このように錦市場で夜営業しているお店は貴重ですね。

細工野菜

いけまさ亭では細工野菜も提供されています。

池政の二代目店主が始められた細工野菜は当初、毎年12月27日から暮れの売り出しの際に店頭で販売されていました。

細工を施された野菜は、持ち帰って炊くだけで、凝った一品になることから料理屋さんや家庭で重宝されていたそうです。

現在、いけまさ亭でいただける献立の主役として細工野菜は振る舞われています。

京都観光に訪れた方でも気軽に細工野菜が食べられるようになっているのは嬉しいですね。

京都らしいを表現したお料理を提供しているいけまさ亭。

京都観光・旅行で錦市場を訪れる方も多いと思います。

目と舌で味わえるおばんざいはいかがでしょうか?

詳細情報

営業時間【ランチ】11:30~14:00【ディナー】17:30~21:30
定休日日曜、月曜、火曜
お問い合わせTEL 075-221-3460
住所京都市中京区東魚屋町 錦小路通柳馬場東入東魚屋町168
ホームページhttps://www5.hp-ez.com/hp/ikemasa