【京都観光】清水寺の改修工事が終わりました。

改修工事終了した清水寺 京都観光

清水寺の平成の大改修工事が終わり、清水の舞台が現れました。

こんにちは。

わたしは、元京都ホテルのフロントスタッフまめたこ(Mametako)です。

本日(2020年2月29日)、清水寺の改修工事が終わったということで見に行って来ました。

清水寺は伏見稲荷大社・金閣寺と並び、京都三大有名観光地(勝手に言ってます)なので普段からとんでもなく混んでます。

今回はコロナウィルスの影響、そして雨が降ってたということで、観光客が少ない今がチャンスと出かけてきました。

それではまいります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

清水寺の「平成の大改修工事」

最近、ようやく清水寺の平成の大改修工事が終わりました。

平成29年6月から続いていたので3年ぶりに清水寺の本堂の覆いがはがされ、清水の舞台がきれいに見えるようになりました。

京都を訪れる観光客の方の中には清水寺が改修工事中だと知らない方もおられて、清水寺を訪ねたけどちょっと残念だった・・・という話を聞いたこともありました。

これから、東京オリンピックなどの影響で京都の観光客も増えると思いますが、改修工事が終わったことで、いい状態の清水寺が見れますね!

改修工事後の清水寺の様子

改修工事を終えて覆いが外された本堂がこちらになります。

じゃーん!

丸見えです!!

そして、これが2020年1月2日の清水寺本堂の様子です。

すごい覆われていますよね。

そして、気になる清水寺の舞台も見ていきましょうか。

拝観券を見せて、廊下を本堂に向かって進みます。

覆いが外されているのでテンションが上がります。

じゃーん!

すっかり外に清水の舞台が出ていました。

みなさん撮影している方が多かったです。

でも、コロナウィルスの影響でしょうか。少し待てばすぐに清水の舞台はスカスカに。

本堂内は直接日の光が入るようになったので、とても明るくなりました。

初詣の時はすごい混んでいたのに、不思議な感じです。

2019年初詣のようす。

改修工事中の本堂の覆い。全部木材です。

めちゃめちゃすっきりしました。

次の改修工事は何十年後にあるのでしょうか。今回の改修工事は約50年ぶりに行われました。おそらく、私はもう改修工事中の清水寺に行くことはないと思いますね。

改修工事が終わった今となっては、あの工事中の風景がとても貴重なものだったのかなあと思えます。

【コロナ】ちょっと怖かった清水の滝の接触感染の心配

清水寺には清水の滝と呼ばれる観光名所が境内にあります。

3本の小さな滝が流れており、長いしゃくを使って水を汲み、飲んだりする方もいれば手を洗う方もいます。

清水寺を訪れた方は、清水の滝で水を受ける方も多いと思います。

いま気づきましたけど、泉の中に隠れミッキーいますね。

こんな感じで、清水の滝が流れています。

わたしも並ぼうと思ったのですが、ふと眺めているとおやっという行動をしてたので、並ぶのをやめました。

なにをしてたかというと、直接しゃくに口をつけて水を飲んでいたんです

そして、そのしゃくをそのまま、しゃく置き場にもどされてました

え。ってなりましたねー。

コロナウィルス蔓延中に接触感染の可能性・・・があったとしても、なかったとしても知らない人の口に触れたしゃくで水をいただきたくない・・・。

観光地を訪れると、手水場で見よう見まねで手と口を洗う海外の観光客の方を目にしますが、「私たちも直接口をつけて水を飲もう」って思うかもしれないと心配になりました。

ともかく、清水の滝、そういうこともあります。お気を付けください。

おしまいに

これまでに何度も清水寺を訪れていますが、今日が一番観光客が少なかったです。

清水坂、二年坂、三年坂も同様です。

わたしは人混みが苦手なので、すごく気持ちよく拝観できましたが、世間ではコロナウィルスで大騒ぎですね・・。もちろん、マスクをつけて、帰宅後は手洗いうがいをしました。

観光地に行くときは出来るだけ、みんなが触るものや人が集まる場所は避けたほうがいいですね。

今回初めて、清水寺の胎内めぐりを体験しました。

胎内めぐりは個人的にとてもおすすめです。真っ暗の中を歩いていると不思議な感じになります。私が体験したときは、私のまえをずっと誰かが歩いている音が右側から聞こえていたのに、結局最後まで誰とも会わず、右に道もなかったと思います。

左手で、手すり・数珠をたどり真っ暗な道を進むのですが、胎内めぐりのルートは反時計回りでした。だから、右側から足音が聞こえることはないと思うのですが・・・。

今年は、コロナウィルスの影響で毎年3月に行われている京都の人気イベント東山花灯路は中止になるようでとても残念です。

色んなイベントが中止になりますが、しっかりと体調に気をつけてコロナウィルスに負けないように過ごしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

まめたこ(Mametako)